ローマ(イタリア)稽古会レポート 2022年4月2-3日

宇城空手イタリア準支部長エマヌエーレの招待で、ローマにある愛と心のこもった美しい道場で稽古会を開催しました。道場はエマヌエーレが仲間と運営している場所です。


エマヌエーレが心から尊敬の念を持って生徒たちを指導していることがすぐに伝わり、信じられないような速さで、和やかでポジティブなエネルギーに満ちた雰囲気が生まれました。そのため、他の参加者もすぐにこの空気に溶け込むことができました。


稽古内容は基本、天の型、地の型、サンチン、ナイファンチン、そしてパッサイの型と分解を中心に行いました。稽古は礼節を踏まえた上で和気藹々とした雰囲気でした。参加者の感想や写真からもわかるように、皆とても熱心に取り組んでいました。


土曜日の夜の懇親会は参加者の楽しさと喜びが反映されていました。ぜひこのような稽古会を改めて開催して欲しいとの声があがったので、再度開催したいと思います。また、ヨーロッパで宇城先生のセミナーが開催される日も近いと思っています。


最後になりますが、宇城先生が私を信頼いただいていることに感謝すると共に、興味を持つ参加者に宇城空手を紹介できる機会が持てることを非常に嬉しく誇りに思います。


マイケル・ケーテ

(創心館ヨーロッパ支部長)




イタリア準支部長エマニエル(左)とヨーロッパ支部長マイケル(右)
イタリア準支部長エマヌエーレ(左)とヨーロッパ支部長マイケル(右)



全員でサンチンの型を行う
全員でサンチンの型を行う

集合写真
集合写真

稽古後の懇親会
稽古後の懇親会
 

参加者感想文

 

■エマヌエーレ・アルゼンチーノ(イタリア準支部長)

ローマの道場に、創心館宇城空手ヨーロッパ支部長であるマイケル・ケーテ氏とイェンス・アッカーマン氏をお迎えできたことを本当に嬉しく光栄に思っています。


二人は参加者全員の間に喜びと前向きな美しい雰囲気を作り出しました。彼らの指導は理論と実践の両面で宇城空手の真髄を反映しており、私が歩んできた道で彼らに出会えたことに幸運と幸福を感じずにはいられません。彼らの教えを大切にします。ありがとうございました。

 

■ステファノ・ブリーニ

ブダペストでの宇城先生のセミナーから2年以上ぶりにマイケル氏とイェンス氏に再会し、やっと一緒に稽古できることを嬉しく思っています。そしていつものように、お二人が達成した高いレベル、そして創り出された雰囲気に対して、非常にポジティブな感覚を覚えました。協力し合い成長しようという雰囲気が全員にあるのです。


私自身としてはもっと稽古を重ね、常に謙虚でなければならないことを改めて実感しました。なぜなら宇城空手は常に溢れ出る泉のようなものだからです。マイケルとイェンス、本当にありがとうございました。

 

■ジュゼッペ・ピノ・アマート(空手指導員五段)

土曜日と日曜日、マイケル・ケーテとイェンス・アッカーマンの元で行われた宇城空手の稽古会に参加しましたが、本当に充実し満足しました。完璧な運営とエマヌエーレ・アルゼンチーノの美しい道場、二人の先生の信じられないほど興味深く特別な技、参加者全員の間の穏やかでフレンドリーな雰囲気、そして常に謙虚さと敬意がありました。


マイケルとイェンスが私に与えてくれたもの、そしてエマヌエーレの素晴らしい企画に心から感謝します。

 

■エットーレ・モローリ(空手・古武道)

先週末2022年4月2日と3日、アルゼンチーノ氏により開催いただいた稽古会に参加できて本当によかったです。イベントの運営だけでなく開催場所も一流でした(アルゼンチーノ氏はいつもそうですが)。


セミナー自体も非常に興味深かったのですが、何よりも勉強になりました。参加者それぞれのレベルに合った指導がありました。初心者はメソッド全体へのアプローチを、上級者は本当に高度なテクニックを、すべてダイナミックかつリラックスした方法で指導してもらいました。


強調すべきは、議論の余地のない質の高い指導にもかかわらず、競争的な緊張を強いられることは一切無く、常に調和と尊敬が保たれていたことでしょう。このリラックスしたホスピタリティ溢れる場はマイケル・ケーテ氏とイェンス・アッカーマン氏のお陰です。


唯一残念なのは、自分達の既存のものと異なる新しい知識を学ぼうとする他の指導者たちがとても少ないということです。私を道場に受け入れてくれ武術空手の新しい面を紹介してくださったアルゼンチーノ氏に心からお礼を申し上げます。

 

■ナンド・ディ・マティア

この2日間の稽古を振り返っての感想は、技術的な面ではとてもポジティブなものでした。というのも毎週の稽古の方向性が正しいことをマイケルから確認でき、エマヌエーレの教えのおかげで何度も技を繰り返す機会が得られたからです。


また道場の雰囲気は、競争ではなく、互いに成長しようとする気持ちで技術や理論的な知識の交換があったことも良かったです。道のりは長いですが、刺激に欠けることはありませんし、これからも欠けることはないでしょう。

 

■サルバトーレ・ラピカヴォリ

友人が「私が探していたのはこれだ」と言っていました。今、私は正直に「これが私が見つけることができなかったものだ」と言うことができます。様々な流派の空手と様々な道場を渡り歩いた後、今、私は本当に幸せで、皆さんのおかげでやり直す気になりました。特にエマヌエーレ・アルゼンチーノ氏に感謝しています。


この素晴らしい空手体験は、自分の身を守ることを教えてくれただけでなく、自分自身を尊重し、その結果、他人に対しても敬意を払うことを教えてくれました。この暴力的な時代において、平和な生活を送るための基盤を教えてくれているのです。エマヌエーレ、マイケル、イェンス、ありがとうございました。

 

■ステファノ・ピスタッキオ

私はこの稽古会と参加した人たちに対してとても良い印象を持ちました。ケーテ氏とアッカーマン氏の謙虚さと優しさ、そして何より道場に漂う前向きな気持ちと楽しさが印象的でした。


技を受ける姿勢として最も繰り返された言葉は「笑顔」「心を開いて相手を迎える」でした。また、毎日道場で指導してくださるエマヌエーレ氏にも感謝しています。

 

■ミシティ・マルコ

この週末に宇城空手の稽古ができて本当に楽しかったです。空手技術の面でも、先生方や参加者の皆さんと良い関係を築く面でもとても有意義な時間でした。この稽古で私は相手に入ることに対しより自信を持つことができました。


この週末は皆の心と魂に忘れがたい足跡を残すと確信しています。指導者、参加者の皆さん、皆で作り上げた良い雰囲気とエネルギーに感謝したいと思います。

 

■マッテオ・メルカリ

この経験は素晴らしいものでした。こんなに元気な自分に出会えるとは思ってもいませんでした。新しい技術を学べたこと、そしていつも笑顔で教えてくれた指導者の方々に感謝します。


この機会を与えてくれたエマヌエーレ、ありがとうございました。

 

■ニッコロ・コントゥルシ

今回の稽古会は個人的に様々な意味で素晴らしいものでした。英語での会話を上達させるための完璧な機会でもあり楽しく良い意味で疲れるものでした。道場はとてもきれいで、スケジュール通り。休憩時間も適宜あり、疲れすぎることもありません。


そして空手です。この稽古会で私は技術としての空手だけでなく、常に笑顔で穏やかな内面から生まれる空手を学びました。実際、最も多かった言葉のひとつは笑顔でした。言葉では言い表せないほどの体験で、ぜひ次の機会も楽しみです。

 

■マチルダ・マーキュリー

今週末に開催されたセミナーについてとても前向きな感想を持ちました。ゲーテ氏とアッカーマン氏の指導に込められた優しさ、技、情熱に心を打たれました。とても穏やかで静かなお二人のメッセージに好感を持ちました。


私は多くのことを学び、このことにとても感謝しています。私は自分自身を守り、自分の身体をコントロールできるようになりました。特にマイケル氏には常に私にもっと頑張れと励まし、リラックスすることを教えてくれ、私を笑顔にしてくれたことに感謝しています。みんなに、そして特にこの機会を与えてくれたアルゼンチーノ氏に感謝します。