top of page

ベルリンセミナーレポート

2019年6月22日(土)、23日(日)の両日、ドイツ、ベルリンにおいて、第5回ドイツセミナーが開催された。

ドイツ、ポーランド、ハンガリー、イタリア、フランス、イギリスなどのヨーロッパ各国、および日本、米国などからさまざまな武道歴を持つ参加者が集まった。

初日の稽古

一日目の指導は、サンチンの型によって姿勢と呼吸の大切さを身に着け、中心を知ることに重点が置かれた。

全員よるサンチンの型

塾長の型を写すことで、正しいサンチン型ができると、身体が強くなる。

サンチンの型を写す

型によって統一体となることで身体が強くなる

「NYを含めて今回で6回目のセンナ―の参加ですが、毎回宇城先生には新しいことを学ばせていただいています。先生に一触していただいてのご指導はどんなたくさんの言葉よりも大切であります。身体は理屈抜きに感じています。」(エマヌエル・アルゼンチーノ:イタリア)

姿勢と呼吸が正しくできると、相手に入っていくことができる。

杖による指導

倒れた後も起き上がることができない

「毎回先生にお会いするたびにもっともっとお会いして、もっともっと前進していきたいというやる気や勇気をいただいています。宇城先生は自分が今まで見えていなかったものを見せてくれました。私達は自分自身で身体の限界を作ってしまっていて、宇城先生は完全にそれを超えたものを見せてくれました。みんなの身体にそういうものがあるということを教えてくれたことがとても意義深いです。」(ミッシェル・マルタン:フランス)

サンチンによる内面の状態は、塾長に触れることで頭ではなく身体で理解できる。

腕をつかんだ相手を倒し、手刀を打ち込むときも、身体がまったく変化しない

「2回目の参加です。とても貴重な体験をしました。とても不思議な体験でした。先生に触れると、これまで経験のないようなものを触ったような気がしました。」(フェレンス・フリス:ハンガリー)

両手のしっかり掴まれていても、呼吸により相手の力が抜け、簡単に倒すことができる。

掴んでいる手が消えたようになり、自分の力が入らない

「参加できてとても嬉しい。本当に大事なことは、私の空手に革命がおきたことです。」(フェルナド・ディ・マッティア:イタリア)

「先生に会えたことをとても嬉しく思っています。これまでスポーツ空手しか知らなかったが、宇城先生の空手は全く違う。美しいです。」(ツェラーノ・ステファノ:イタリア)

突いてくる相手に対しても、姿勢と呼吸が正しければ、簡単に対処することができる。

突きが目標を失い、動きが止まってしまう

武道の本質である、相手から遠く、自身から近くを実践する塾長。

塾長に入られた状態

「自分の空手を進化させる大切なことをたくさん学びました。先生の動きは、バラバラではなく常にひとつで動いていました。宇城先生が相手の攻撃に入って、自分を守っている技を見てとても感心しました。それはすべて瞬時の動きでした。」(エルジビエタ・ウォーラック:ポーランド)

二日目の稽古

二日目の指導は、ナイファンチンの型から始まった。

ナイファンチンの型が初めての参加者も多く、何度か行った後いくつかのグループに分かれ、塾長が個別に回って指導を行った。

全員よるナイファンチンの型

ナイファンチンの型を何度か行った後、型の分解が塾長によって示された。

ナイファンチンの分解、組み手取りからの攻撃

相手の攻撃が途中で止まってしまう

ナイファンチンの分解、手刀打ち

「毎回感動しています。宇城先生の空手こそ私にとって本当の空手です。これまで糸東流、和道流、剛柔流やってきましたが、先生の空手とは比べ物になりません。10年前から、私はこういう空手を求めるようになりました。」(ステファノ・ブリニ:イタリア)

内面の状態を知るには、塾長の体に触れることが一番である。

塾長は、型の分解を行い、その時身体がどのような状態になっているかを、触れさせることで示した。

身体の状態は、触れることで理解が深まる