top of page

宇城憲治が自在にする「気」とは何か







宇城憲治が自在にする「気」とは何か

ーーその実体に迫る


著者  宇城憲治 定価  本体1,600円+税 ISBN  978-4-910001-00-5 判型/分 A5判並製 154頁 発売日 2020年3月23日



ご購入はこちら






 


一瞬にして不可能を可能にする「気」 それは、対立を解き、調和を生み出すエネルギー 実証で示す、人間の幸せの法則


重さが変わり、強さが増し、集団を自由自在に動かす―― 宇城憲治の「気」によって実現する、常識ではあり得ない事象の数々。

それらを自身のみでなく、人数や距離に関係なく一瞬にして他者にも可能にさせてしまう「気」の存在。 それは宇城のどこから発せられ、相手のどこに入っていくのか。 なぜ、子どもにできて、大人はできないのか。 なぜ、心のあり方で違いが生じるのか。

知れば知るほど湧き上がる「気」の不思議を、「気」の事象の体験を重ねてきた二人の弟子との対話により紐解いていく。

―― 「気」は対立構図を解き、調和を生み出すエネルギーである ――

宇城憲治の「気」の探究で見えてくる、誰もが幸せに向かう法則とは。




著者メッセージ


私はこれまで宇城道塾や空手実践塾、さまざまな講演会などで、 目に見えず、今の常識や科学では解明が困難な「気」を、見える形にすることでその存在を実証してきました。


そうした事実を体験した方々からの「問いかけ」が、まさに本書のタイトル『宇城憲治が自在にする気とは何か』であり、また私自身が自分に問いかけているという意味で、本書のサブタイトル「気の実体に迫る」となりました。


つまり本書は、皆さんからの問いかけと私自身の問いかけのコラボレーションで構成されています。


私が実証する「気」の成す効果は、人間の幸福の法則を教えるものであり、さらには、未来のあり方や歩むべき方向性を教えています。


「気」は、まさに科学、宗教、哲学、技術が融合する必要性とその足掛かりを具体的に示すものであり、さらには未来科学への大いなるヒントも提示するものです。


本書は、「今」という時間を大切にし、「今」の中にある未来に光を見出そうとしている人にとり大いに参考になると思います。宇城憲治



目 次


序 文  宇城憲治

はじめに


第一章 「気」とは何か 「気」の実体とは 「気」と時間 「気」は細胞に働きかける 「気」とは事象変換を可とするエネルギーである 「気」は調和を生み出す源泉である 時空を変化させる「気」の世界


第二章 「気」の世界が提案する科学のもう一つのあり方 実証事実から見た科学の課題 思考の深さ――「無知の知」の先にある「未知の知」 科学優先主義が生み出した様々な弊害 思考停止の危険性 「気」の実証を可能にする術 科学のもう一つの方向性


第三章 身体に「気」を取り戻すために 人間は「気」に包まれて生きている 「死に体」から「生き体」へ 「気」は自得の世界 自得の入口へのプロセス 宇城空手を通しての高次元のステップアップ法について 「気」は人生における生き様の体現 幸せの法則――調和を生み出すエネルギー


おわりに


Comments


bottom of page