宇城塾長の巻頭特集 『道』214号


宇城塾長の巻頭特集記事と、連載「気づく、気づかせる」が掲載された季刊『道』214号が発売となりました。



■巻頭特集

【特別企画】UK実践塾 宇城憲治  守る力 寄り添う力を、生き抜く原動力に  ―― 対立から調和へのパラダイムシフト ―― 現在の、答えのない、不安ばかりが増す今の日本に対し、従来の見方、考え方では、対立を繰り返すばかりで答えに辿り着く気配さえありません。 宇城塾長は「人間が本来の力に気づき、それを発揮することができれば、今の課題を乗り越えるエネルギーが自らのなかにあることがわかる」と言います。 今の課題への向き合い方に対し明確な答えを示している宇城塾長に今私たちが希望ある未来へ向かうために何を必要とし、どう行動しなければならないか、詳しく伺いました。







■塾長の連載 『気づく、気づかせる』 第60回


「対立構図を解き、調和融合へ ― 嘘から誠へ ―」



自分さえよければ、という目先の我欲で走り続けてきた日本。 そのツケが今、私たちの日々を曇らせています。 そのすべての根底に「対立」があると宇城塾長は言います。 その対立構図を解き、調和融合へ向かう、パラダイムシフトこそ、私たちが今向かうべき方向である――。 巻頭特集と合わせ、今なすべきことへの明確な指針が示されています。





詳細は、こちらです。

[季刊『道』214号]