宇城道塾 2022年 春合同合宿が開催されました


去る2022年3月12日(土)、13日(日)、宇城道塾 春季合同合宿が静岡県修善寺で行なわれ、東京、大阪、仙台、名古屋、岡山、熊本の各道塾の塾生、54名が参加しました。



全国各地から集まった塾生が、宇城塾の最大の特徴である実践・実証の下、新たな気づきと学びをいただいた2日間でした。


宇城塾長が創り出す気による5次元時空の中で塾生たちは自分の潜在力に目覚め、自分にもともと備わっている力を存分に発揮し、その感覚を繰り返し体験していきました。









<統一体をつくる ―― 身体に気を通す>



<「気の通った統一体」をつくるために塾長が考案した「宇城式統一体体操」>

学校などで行なわれている体操との違いを検証し、統一体であることの大切さを体験していきました。


① 膝を回す運動 従来通りのやり方では、上から負荷をかけると回せなくなるが、

統一体体操だとスムーズに回すことができる。


② 前屈立ち体操

外見は同じであるが、統一体体操の場合は足を引かれてもびくともせず・・・・

さらには、足を掴んでいる人を投げることもできる。




<宇城式呼吸法>

息の吸う吐くではなく、身体の呼吸法。







<気で創り出された5次元時空の中で>


合宿では、ダイナミックな検証を全員が体験できます。

塾長の気によって創り出された5次元時空の中で、自分ではまったく出来ないような実践を繰り返します。


うつ伏せの背中を3~4人で押さえつける。

苦しく、身動きもできない状態。

気を通された瞬間、背中を押さえる人たちが一瞬にして跳ね飛ばされる。




気を通され・・・・

右手18人、左手18人をぶら下げて前進していく。




統一体体操で気の通った身体となり、前進していく塾生たち。






<肚と覚悟>


塾長は実践をもって「肚と覚悟」を示してくれます。

肚と覚悟があるからこそ、正しきを行なうことができ、自分そして周りを守ることができるのです。



塾長が前に出した両腕を掴み、外に広げようとするが・・・・

広げることはできず、逆に引き寄せられ、崩されてしまう。






1日目、2日目ともに、サンチンの型の稽古を行なう。



宇城道塾  2022年 春季合同合宿記念写真





宇城塾長が気が創り出す5次元時空の中で、細胞を活性化させる。

知識や理屈でなく、身体からくる思考を深める。


道塾の学びが、人間力を引き出し自己成長に導くものであることが、鮮やかに浮き彫りとなった合宿でした。

参加塾生の感想を紹介いたします。




●福島 地方公務員 53歳 男性 HO


本当に熱く激しく楽しい合宿でした。ありがとうございました。素晴らしい場と時間に身を置かせていただき、心身にエネルギーが満ち溢れました。


今回の合宿では、宇城先生が命懸けで我々をご指導されていることを強く感じました。


我々塾生は、宇城先生に「真面目」に師事しておりますが、気による世界で唯一無二の検証を、己の小さな頭で捉え、スケールを閉じた自己に落とし込み、不可能な事が可能となった驚きと、その体験に満足するだけで完結してはならないのだと感じました。


この合宿では、本当に様々な検証を体験させていただきましたが、もはや真面目という理解レベルには収まらない、真剣の覚悟がなければ体験の真の意味を、そのスケールを感じることはできないのだと思いました。


我々は、自分の命は自分のものと誤解していますが、命は宇宙から繋がる時間と地球という奇跡の環境から生み出されたものであることを、宇城先生の身体を通したご指導により気付かされます。この宇宙の理(ことわり)は、我々の細胞ひとつひとつに書き込まれており、衝突ではない調和こそが命の本質であることを、宇城先生に体験させていただく様々な検証結果が示しています。


しかし、世界中のあらゆる場所に存在する我欲と欺瞞、無関心により、人と人とが分断され、そのエネルギーを失い、イデオロギーなど人が頭で作り出したバーチャルが蔓延し、この21世紀の世界で再び愚かな戦争を引き起こしてしまいました。


この人類の未来が急激な下降線を描いている今だからこそ、我々は気付き、自分自身の未来を0.1ミリでも上方修正し、仲間と繋がり、その集団を一人でも多くしていくことが大切なのだと感じました。


思うだけで場を変化させる、人を変化させる、人本来の力を発揮させる。その根元は調和。なんと素晴らしい希望でしょうか。この希望をエネルギーに、日常を生きてまいります。そして、宇城先生と仲間の皆さまから様々な気付きをいただくことで自分自身を変化成長させ、衝突を調和に転換し、その波動を広げ、人も自分自身も幸せにしたいと思います。


宇城先生と多くの仲間たちに出会えた奇跡に心より感謝いたします。




●福島 会社員 60歳 男性 MO


講義においては、今の世界情勢であるロシアとウクライナの戦争の事、戦争がいかに悲惨で馬鹿げたことなのか、そしてロシアの原子力発電所の攻撃占拠の事、ロシアのプーチン大統領の肚の無さ。


その肚の検証で4人が竹刀と木刀を井桁に組んで、1、2、3、の合図で4人が一気に井桁を閉じる。その閉じられる井桁の中に塾生が入り合図で4人が井桁を閉じますが、塾生はとても危なくて、中に入っていられません。しかし、宇城先生が気をかけると中に入った塾生は微動だになく、井桁の締める4人は竹刀木刀が跳ね返るように井桁を閉じる事ができません。そして宇城先生が木刀竹刀の井桁の中に入って気を出すと同じく井桁は閉じられなくなり、4人は逆に崩されてしまいます。宇城先生はこれは肚が座ってないとできない。プーチンにこの肚があれば戦争は終結する。肚がないから恐れている、戦争は激化するだろうと言われました。それにしても木刀竹刀井桁の検証は衝撃でした。4人が本気で井桁を締める、少しのミスでも中に入った人は重症です。そして4人の竹刀木刀が反発するように締める事ができません。目を疑いましたが、目の前にはその現実しかありません。締められる方の自信と宇城先生への信頼です。


そして5次元時空、場の空気、雰囲気が変わる事。塾生同士での各実践検証において、宇城先生の気で場の空気を変え5次元時空に変わると、なにもない状態ではできなかった検証が簡単にできてしまいます。他の塾生の検証で、四つん這いの塾生の両手に各10人の塾生が連なりストッパーとなった状態で前進する検証では、なにもない状態では全く動けませんが 、宇城先生が場の空気を変えると、塾生の眼と顔付きが変化するのがはっきりと見て取れました。宇城先生はその塾生が本来持っている力だと言われました。その力を自分たちはは自ら閉じてしまっている。その力を自ら取り戻すのは心、寄り添う心であると、そして思考の深さ。なぜなぜと考えを深める事。


今回の検証で自分ができなかったのは、5人の連なった列を押す、そして引く事でした。宇城先生は、なにも考えない事、押すとか引くとか考えると衝突が生じてできなくなると言われました。自分は押す引く、押さない引かない とは考えないと考えてしまってました。自分の癖です。また他の検証において宇城先生は身体の癖についても指摘しておりました。この癖を直す事を課題として日々の実践に励みます。




●和歌山 警備業 40歳 男性 RT


宇城先生が気を通してくれると身体本来が持っている力がどれほど凄いものであるかを感じることが出来ました。頭で考えないようにするということを考えてしまい上手くいかないこともありましたが、逆にそれで分かることもあり、良い経験となりました。細胞との調和、生かされている命、調和と対立、それがどういうものかを正に体感致しました。瞬時に変わる身体(調和)、そして途切れることにより出来なくなること(対立)、12345678と動くことで続いていく5次元の体操、宇城先生が塾生の身体を使って伝わっていく流れを感じることが出来ました。


ニュートラルにする。それがいかに難しく、そして大きな力を発揮するのかを体験し、日々の生活の中で意識せずともニュートラルになるよう変わっていかなければいけないと実感しました。


怯え、臆することが対立を生み戦争へと進んでいく。怯えを肚で無くし、臆せず覚悟を決める、いま私自身が一番弱い部分であり、変わらなければいけない部分であると指摘されたようで強い衝撃を受けるとともに目が覚めた感覚になりました。

CLOSEとOPEN、なぜCLOSEがだめなのか、OPENになると背後を無くし全方位が前となる、それがハートの形を取り、受け入れ、寄り添うことで強くそして導くことが出来ると新たな方向からの学びをいただきました。


宇城先生から注がれるエネルギー、宇城先生が作られる空間と次元、瞬時に出来るようになる身体・出来るということを感じ得る2日間でした。この合宿に参加させていただいたことを素直に喜び、体感し学んだ事をそこで終わらせることなく、体感した非日常的な事を日常でも実践していき、変化することが日常なのだと私自身を変えていきたいと思いました。


とても楽しく、とても充実した2日間でした。貴重な体験そして濃密な内容をいただき、本当にありがとうございました。




●東京 会社員 48歳 男性 TT


コロナ禍にも関わらず全国よりエネルギーの高い塾生が集まり、宇城先生の気のエネルギーと相まって、沢山のエネルギーを頂いた合宿となりました。感謝申し上げます。


エネルギーが高まると肚も座ってきますし、覚悟も決まってきます。また、エネルギーが入ってくるにはオープンにならなければならないと思いますが、これらは別々に努力したり、作用するものではなく、人間力を向上させるために統一体を目指す事で各々が連動して高まっていくように思います。そして視野も高く広がって行くように思います。


日常の仕事が多忙のため、時には気が滅入る事もありますが、宇城先生にお会いする度にエネルギーを頂き、また頑張ろうとなります。


また、大人になるとなかなか自分の癖や間違いで叱られる機会もない中、色々と気付かされる宇城塾は貴重で、とても大切な時間だと感じております。


忙しい中でも何とか勉強する時間を作り、日常で宇城先生の教えを実践し、ビビらない肚を作り、より高みを目指していきたいと思います。




●神奈川 会社員 56歳 男性 TK


合宿では、5次元の世界を通じ、様々な経験をさせていただきました。


一人がうつ伏せになり、数人に背中を押さえられます。普通ではどうすることもできません。しかし、5次元にいる人間だと、それらを振り払うことができます。


さらに、押さえていた人たちを制し、また、新たに加わろうとした人間までも、気持ちだけで制することが出来ます。そして、そこにいるすべての人がつながっています。私たちの常識からは、まったく想像すらできない世界です。


私たちはよく「人と人とのつながり」や「絆」が大切だと口にします。言葉で言うのは簡単です。しかし、実態が伴うのかどうかはいつも曖昧なままです。

その曖昧さを、一瞬のうちに目に見える形で現していただきました。

曖昧さのない、いつも実態が伴っている世界が、5次元の世界なのかもしれないと思いました。


逆に言うと、常に「言葉」ではなく「実態」、「思い」だけではなく「行動」が大切なことであり、そのような日常を送ることが一つの修行だと感じました。




●神奈川 自営業 58歳 男性 RK


合宿を開催して頂きましてありがとうございました。

竹刀と木刀の4本で首を挟まれた人に先生が気を通すと怯えが消えて、目が輝いて顔がスッキリするのが凄かったです。


戦争に突入しないための究極の答えが肚と覚悟だと分かりました。

出来ない限りは分かったとは言えないのですが、ロシア、ウクライナの戦争が始まってから探していた答えはあるという事を実証して頂きました。

仮にプーチン大統領が暗殺されてロシアというシステムが解体されたとしても同じことが今度は日本列島で起きるのではないかという怯えが常にありました。


人間力を上げるには人間性を高めていくことが大切で、それには心から行動することが必要ですが、自分の姿は見えないので絶対的な師の存在なくしては、無意識の我欲は消せないと感じます。


海のマイクロプラスチックや地震、火山、黄砂。

人間が地球にやさしいではなくて、謙虚に向き合って生かされている感謝をもって受け入れ工夫する事が必要だと思います。


一番は福島のメルトダウンした放射性物質に11年たっても近づくことすらできない現実があるのにウクライナの核施設への攻撃をしている愚かさ、怖さ。

Oさんの怒りや悲しみに言葉が出ませんでした。


一人革命で周りに幸せの輪が広がるように、教えて頂いた体操、呼吸法を大切におこなっていきます。




●東京 自営業 42歳 男性 YH


二回目の参加で緊張の中でしたが、先生の凄さを二日間堪能させて頂きました。

ありがとうございました。


当たり前ですが、まだまだ出来ないことを実感します。

肚をしっかりしてバーチャルに頭で考えないで動けるようになりたいです。


合宿では、先生だけでなく事務局の皆様、日本中の諸先輩方の優しさ、礼儀正しさに触れられる事も魅力ですね。本当にありがとうございました。


「周囲の状況をよく見ていない」と愛情を持って先生から叱って頂いた事が、何よりの宝です。

気を抜かず、少しずつ統一体に近づけるように道塾にも参加させて頂きます。




●東京 大学非常勤講師 女性 MK


宇城先生、このたびの合宿も、とても厳しく激しいけれど、笑いにも富む、ありえない濃密な楽しい時間を過ごさせて頂き、誠にありがとうございます。

また、未だイベントの開催には困難な時勢の中、万難を排して準備して下さった事務局のみなさまにも深く感謝しております。


今回の参加者が少なめであったのも、長引くコロナ禍の影響が大きいものと思います。希望しても参加がかなわなかった方のためにも、少しでもお役に立てることを書きたいと思うと、まずお伝えしなければならないのは、あの時空での経験をその場にいない方に伝えるのは残念ながら不可能、ということです。


理由は、今は目に見えない、体験もできない5次元での体験を、それよりもずっと下にある3次元や4次元の世界から表現するのは無理であることによります。ですので、困難な中にあっても、それを何とか乗り越えて参加する余地のある塾生は、是非、次回は参加し、自ら体験されることをお勧めしたいと思います。


そして、今回特に心に残ったことの、ごく一部を選び、ここにしたためさせて頂きます。


ギロチンと称するのでしょうか、首や手、今回はそればかりでなく、どう出版の大切な新しいカメラを木刀や竹刀を用いて四方から囲み、勢いよく閉じる実証を何度も見せていただきました。何度見ても、飛び上がってしまう実証なのですが、それを先生は、肚と覚悟でもって毎回ビシッと止め、さらにはそれを外向きに広げてしまわれるのを何度も目にしました。そして、その実証をやって見せられる信頼関係の強さも同時に見せて頂きました。


この実証に関しては、他に貴重な経験もしました。先生に指名されて、おずおずと体験するのが普通である中、自ら申し出て体験された方と一緒に、その後、手をつないで回転する実証、相手を投げる実証などを多数体験しました。日頃の道塾でもご一緒することの多い方なので、いつもの様子も覚えていますが、ギロチン後は普段とは明らかに違う気の通り方をされていました。先生も褒めておられましたが、ギロチンの実証のパワフルさと自ら積極的に学ぶ姿勢の大切さを痛感いたしました。


自分自身の体感としては、連続的に数を数えながら行う、呼吸法や回す動作の統一体操、気を通す実証を体験した後では、足の裏、特にかかとの部分が床にしっかり密着した、地に足の着いた感覚がありました。


また、今回は、できた・できないに一喜一憂することなく、先生と場の流れについて行きたいと思い、集中力を切らさないよう心がけたところ、終始楽しい気分でいられ、実証では気を体験でき、眠気や疲労感などを全く感じることなく合宿を終えられました。さらには、帰宅してからも、そのすがすがしさというのか、晴れ晴れとした感じが続きました。おかげで帰宅後に、勉強のための講義動画を見ようと思い立ち、一コマ全部、集中して見てしまったくらいです。


また、これまで、「心」が大切なのは頭では理解はできるけれど、目に見えなくて、つかみ所がないような、困ったなと思っていました。ですが、気づいてみれば、その目に見えない「心」をいつでも行動として示して下さっている宇城先生の姿がありました。だから、いつでも先生の行動を見ていれば、「心」というもの、その表し方は、塾生の私たちは具体的にとらえることができるのだ、とやっと気づかせていただきました。


この他にもあまりにも多くの気づきや経験があり、書きたいことがありすぎて、ごく一部といえども、とても書ききれないことがわかりました。ですが、先生にはお礼やご報告ばかりでなく、なにもかもすっかりと電波で伝わってしまっていることを思い、この感想文を終えさせて頂こうと思います。


今回もこのような貴重な時空を作り上げて体験させて下さった宇城先生のますますのご健勝をお祈りし、この時空にともに存在して下さった事務局、道塾塾生の皆様にも心からのお礼を申し上げて、この拙文を締めくくらせて頂きます。このたびも、本当にありがとうございました。




この他の感想も、今後こちらにアップしていきます。

[宇城道塾 2022年受講感想文]



◆2022

年宇城道塾 受講申込受付中


【東京・大阪・仙台・名古屋・岡山・熊本】