top of page

ハンガリーセミナーレポート

2019年10月19-20日、宇城館長によるハンガリー空手セミナーがブダペストで開催された。ヨーロッパはこれまでドイツをベースに年に1回のセミナーが行われていたが、主催者側の強い熱意もあり、今年から2回行われることになり、今年はブダペストで開催される運びとなった。


参加者はヨーロッパはハンガリー、ドイツ、イタリア、ポーランド、スロバキア、スイスから、ヨーロッパ以外ではアメリカ、日本からの参加者があり、セミナーは主催者のフェレンツ氏の「宇城館長の武術空手を学びたい」という思いが反映されたものとなった。


参加者の半数以上が初めてだった事もあり、初日は武術空手とスポーツ空手の違いとは何かについて実践をまじえた詳しい解説があった。武術の勝負の負けは死を意味し、スポーツの勝負は判定であり、その本質が異なるという点を踏まえ、セミナーはサンチンの型を中心に始まった。


多国籍のため、通訳は英語を中心にハンガリー語、ドイツ語、イタリア語と多岐に渡った
多国籍のため、通訳は英語を中心にハンガリー語、ドイツ語、イタリア語と多岐に渡った

全体でのサンチン
全体でのサンチン


参加者の大半がフルコンタクト系の出身だったため、館長は「スポーツ空手と武術空手の違い」の実践指導に加え、「日本文化としての武道のあり方」を丁寧に指導した。その「常にやってみせる」館長の姿勢に、参加者から絶え間のない質問が挙がったが、館長は一つ一つの質問に丁寧に対応した。



初日の講義の板書
初日の講義の板書

指導は全て「やってみせる」。武道とはどうあるべきかを伝統の型を通して説明する館長
指導は全て「やってみせる」。武道とはどうあるべきかを伝統の型を通して説明する館長

各国からの参加者に、丁寧に指導する館長
各国からの参加者に、丁寧に指導する館長



2日目は初日の教えを踏まえ、「武術空手の絶対条件である気とは何か」について、

「気とはわかりやすく説明すると、時間とエネルギーであり、時間は、クロノス的時間とカイロス的時間そして、さらに宇宙時間と人間時間。エネルギーは現状から未知の世界へのジャンプを可能とするもの」

といった解説が行われ、気の必要性とその重要さが強調された。

初日の絶え間ない質問と稽古の流れを踏まえ、2日目は参加者を5つのグループ(ハンガリー語グループ3つ、英語グループ2つ)に分けて、各グループを指導してまわるという形式に変えられた。


2日目の講義の板書
2日目の講義の板書

館長が気を通すと
館長が気を通すと

列を簡単に押すことができる
列を簡単に押すことができる


「言葉では説明出来ない世界がある」(言葉では受け手の限られた理解の中でしか伝わらない)として、館長は技をかけるだけでなく、一触を通して、すなわち参加者に自身の身体に直接触らせることで、スポーツ的身体と武術的な身体の動きの違いを伝えてまわった。


特に回数を重ねているポーランド、イタリア、ドイツからの参加者は、武術空手の奥深さが一層理解できたようで、一挙一動を見逃すまいという真剣な気持ちが伝わってきた。



身体に触れさせ、武術とスポーツの違いを参加者に感じさせる
身体に触れさせ、武術とスポーツの違いを参加者に感じさせる

崩れてしまうだけでなく、思わず笑みが浮かぶのも世界共通
崩れてしまうだけでなく、思わず笑みが浮かぶのも世界共通

各国の参加者を相手に、実践組手を行う館長
各国の参加者を相手に、実践組手を行う館長




イタリアの空手指導者との組手
イタリアの空手指導者との組手





宇城館長と過ごす時間はどんな時でも全てが稽古。その事を実証するように初日の夜の懇親会でも館長は各テーブルをまわり、参加者と談笑するなかで様々な技も示された。


2日間にわたり、宇城館長は各自がそれぞれの国に戻っても自分たちで稽古出来るようにとサンチンと呼吸法をメインに指導、回数を重ねたベテランも初参加者も、それぞれが多くの学びを持ち帰る2日間となった。



初日夜の懇親会
初日夜の懇親会





ハンガリーセミナー参加者一同
ハンガリーセミナー参加者一同

またセミナー2日間後の月曜日は、大阪道塾生でハンガリーが母国のアニコ・バーバラ女史とフェレンツ氏のアレンジで、ブダペスト郊外にあるハンガリー伝統武術家のカッシャイ氏の道場を訪問。その後、カッシャイ氏の希望で昼食を取りながらカッシャイ氏と宇城館長との対談も行われた。






カッシャイ氏と宇城館長
カッシャイ氏と宇城館長


ドナウ川を見下ろす高台にそびえる壮麗なブダ城
ドナウ川を見下ろす高台にそびえる壮麗なブダ城

華麗な後期ゴシック様式のマーチャーシュ聖堂( 聖母マリア 聖堂)
華麗な後期ゴシック様式のマーチャーシュ聖堂( 聖母マリア 聖堂)

 
参加者の感想

■A.G(ハンガリー 大学教授 空手歴35年)

 今回、初めて宇城先生の空手セミナーに参加しました。非常に驚きました。「気」は命だ、宇宙からくるものだというように、これまで「気」についていろいろなことを聞いてきましたが、今日実際に気とサンチンの型の体験ができたことを大変嬉しく思っています。 

 同時に体験したことをとても重たく受け止めています。私は小さい頃から空手をやっていますが、考え方をすっかり変えなければならないと思いました。私のスタイルは強さが出すぎています。もっと柔らかさが必要なのだと。筋肉の力は必要ないのだと。筋力は破壊なんだと。宇城空手は調和の武術を教えている。調和は命であり、幸福なんだと。素晴らしい体験を誠にありがとうございました。



■C.R(チェコ 元軍人 空手歴34年)

 私の年でセミナーに出るのはある面とてもリスクがあるのですが、今回は私の年齢でも学びができて、とても成長ができるセミナーでした。「気」についてこんなに深く、しかしこんなに簡単に説明をしていただけるのを聞いたことはありません。

 このすばらしい気の解説をいただき、「気」がちょっとだけわかったような気がします。私は今、60歳です。60歳の私からみて先生はすごいと思いました。私より速いし、強いし、とても挑戦できない。私にとり、勇者、目標、になりました。34年前から空手をやっています。元軍人です。今はほかの仕事をしています。