今井通子(登山家・医学博士)



今井通子

今井通子(登山家・医学博士)

一歩先に出たら分からないものに対する対応能力。

冒険心、探検心、発展的にものを考える心を育てるには、これはもう自然の中が一番。

雨が降るかと思えば、かんかん照りになったり、水が流れたと思えば埃だらけになったり、

自然はいろいろですものね。

生医師であり登山家である今井通子氏は、1971年、女性初の欧州三大北壁完登者としてその名を世界にとどろかせた。その後も世界の高峰で活躍し、現在は一つひとつ医学的に裏付けされた森の持つ人間に心身を癒やす効果を、森林浴セラピーとしてその普及に尽力し、大自然を舞台に地球規模の環境保護活動や人間と自然との関係の大切さを訴え続けるなど、多岐にわたる活動を展開している。

宇城氏との対談では、自然と人間の向き合い方、自然のもつ魅力、その不思議なエネルギーについて語っていただいた。

道189号の詳細はこちら


今井通子

いまい みちこ

1942年東京都生まれ。東京女子医科大学卒業。登山家。医学博士。 医師となる一方、幼い頃から親に連れられ親しんできた登山を続ける。67年女性パーティーとして欧州アルプス・マッターホルン北壁登攀に初成功。69年アイガー北壁、71年グランドジョラス北壁と、女性初の欧州三大北壁完登者となる。79年ネパールヒマラヤ・ダウラギリの三山登頂。85年エベレスト中国側チョモランマ峰北壁に挑み、冬季世界最高到達点を記録。現在も東京女子医大で診察する傍ら、東京農業大学客員教授として環境問題を研究。さらに国内外のトレッキングツアー、講演などをこなす。 著書は『あなたと歩く世界の名峰』(小学館)『マッターホルンの空中トイレ』(中央公論新社)『今井通子―私の北壁 マッターホルン』(日本図書センター)など多数。

#季刊道