宇城道塾 2020年 秋季合同合宿が開催されました


去る2020年9月26日(土)、27日(日)、宇城道塾 秋季合同合宿が静岡県修善寺で行なわれました。



東京、大阪、仙台、名古屋、和歌山、熊本の各道塾の塾生、65名が参加。

北海道から九州まで全国から集まった塾生が宇城塾長と寝食を共にしながら、講義、実践、そして朝まで続く懇親会と、通常の道塾以上に学びを深め、濃い時間を過ごした2日間でした。




年2回が恒例の道塾合同合宿ですが、春季は新型コロナ蔓延のために中止。

そんなコロナ禍の中、1年ぶりに行なわれた合宿では、まさにコロナに振り回されない生き方が示されていきました。


コロナに怯えたり悩んだりしていてはこの時期を乗り越えていけないこと、今大切なのは身体のエネルギーを高めることによって自分自身はもちろん、家族や周りの人たちを守っていくということ、そのためにはこれまでの時間感覚や行動のスピードの次元を脱し、自らエネルギーを生んでいける身体に変化する次元へ移行していく大切さが説かれました。



「怯えるだけではエネルギーは身体から生まれません。自らのエネルギーを高め、日常の環境に左右されない身体をつくる。

そのためには、宇宙の法則を身体に取り込んでいくこと。それは一人ができたら、他の人にも連鎖していくというもの。

そういう世界があることに気づけば、そこに向かう『入り口』がたくさんあるのです」



そうした「入り口」を“点”とすると、これまでの道塾では塾生はたくさんの“点”を経験してきたはずだと塾長は言います。

しかし、2日間じっくり身体を通して取り組める合宿では、その点と点をつなぎ、“線”にする事が大事であると。


驚いたり、感心したりしていた“点”の次元から、それをつないで“線”の次元にできれば、それがいずれ“面”になり、“立方体”になる。

そういう学び方ができると、何をすべきかが見えてくる――。


それがつまり、「自分さえ」ではなく、困っている人がいたら、寄り添う、助け合うという、生き方につながっていくのです。


講義・実践では、これらのことを身体を通して学んでいきました。 ほんの一部を紹介します。




<物に存在するエネルギー ~ 気の連鎖>


「物」にもエネルギーがあり、それは瞬時に人にも時空にも伝わりエネルギーの高まった状態に変化させるという実証。


エネルギーある本(ここでは塾長の著書)に手をあてて1人が強くなると、その変化がとなりの人にも、離れている人にも及び、強くなる。

さらにそれは途切れることなく次の人へと連鎖していく。(しかし、勝ち負けのスポーツでは、この連鎖は起きない)


左の机についた2人が、一般の本に手を当てる。机に置いた反対側の手は別の人に引かれてしまうし、会場に散らばって横になっている人も持ち上げられてしまう。


机についた2人が宇城塾長の著書に手を当てる。すると、机に置いた反対側の手は引かれなくなるし、会場に横になっている人、長椅子に横になっている人もとたんに重くなる。

身体に気が通り強くなっている。


さらに、塾長の著書に手を当てる人を一人にする。それでも、もう一人も手は引かれなくなり、会場で横になっている人も重くなり、持ち上げられない。


さらに、横になっている人が、持ち上げている人を投げることができる。


「投げられた人」はやられたのではなく、自分もまた強くなっており、掴んできた他の人を投げることができる。これは永遠に連鎖する。



このように、身体にエネルギーが満ち強くなると、日常にも変化が生まれる。これまで「席をゆずろうかな…」という段階だった自分が、「気づいたらゆずっていた」になる。

すると、周りに利用されない人間になり、困難な状況においても勝手に答えが出るようになる。



<仲良くする ~ 調和のエネルギー>


相手と調和することで、対立のない次元のエネルギーを得る実践実技。

肩を掴んだ1列の先頭の人をひっぱる。力では列は動かず、列の弱いところから切れてしまう。


先頭の人とハグをする。


対立が消え、軽く引くだけで列を動かすことができる。



対立でなく、調和の次元にいくためには、仲良くすること。つまり相手が喜ぶことをする。


たとえば、大きいケーキと小さいケーキがあった時、ぱっと大きなケーキを取り相手にどうぞと差し出す。すると、自分の手元には小さいケーキが残るが、相手の「ありがとう」がついてくる。

ゴミを拾う、「お先にどうぞ」―― 相手が喜ぶことを最初は意識でやっていても、だんだんそれが身につき「ありがとう」が返ってきて、どんどんエネルギーを得られるようになる。




<エネルギーの連鎖>


「出来た人」つまりエネルギーの高い人から、エネルギーを得られることの実証。



〈塾生A〉が四つん這いになり、腰に大勢の列がぶら下げ前進する。当然、まったく動けないが、塾長の指導により、列をぶら下げたまま前進していく。


次に〈塾生B〉がやってみるが、まったく動けない。 ▽


先ほど出来た〈塾生A〉が目の前に立つと、とたんに〈塾生B〉は列を引いて動き出す。 ▽


〈塾生C〉 同じく、まったく動けない。 ▽


そこに先ほど出来た〈塾生B〉が目の前に立つと、とたんに〈塾生C〉も列ご引き動き出す。



「出来た人」が一人いれば、それが伝播しエネルギーが伝わっていく。

「一人が変われば、周りが変わる」 たった一人が時空を変え、絆を生んでいく。




<空手の型「サンチン」の稽古>



気の通った身体をつくる「サンチン」の型について、塾長より丁寧に指導いただく。


全員で「サンチン」を繰り返し稽古。合宿ならではの光景である。




宇城道塾  2020年 秋季合同合宿記念写真


2日間、講義・実践、さらには懇親の場でエネルギーを充填した塾生は、またそれぞれの日常に戻っていきます。

合宿参加にあたり、さらなるステップアップや殻を破ることなど、自ら課題を持って臨んだ塾生も多くいたことでしょう。

2日間、講義・実践、さらには懇親の場で課題と向き合い、エネルギーを充填した塾生は、またそれぞれの日常で自らの進歩成長を目指していきます。


以下に参加者の感想を紹介します。



●和歌山 警備業 38歳 男性 RT


合同合宿に参加させていただき、誠にありがとうございました。

普段の道塾で教わる内容をより濃く、より深く体感させていただきました。


3次元、4次元、5次元の世界を体感し、感じる身体の変化を 知ることが出来ました。人間の砂漠化と宇城塾長がおっしゃられて 、なぜならばという丁寧な説明を受け、まさにその通りであると 納得しました。常に3次元であると メディアを通じて私達は 知識を植え付けられ、それが当たり前だと思い込んでおりました。しかし、道塾と合同合宿でそれが間違いであり、もっと高次元のところでいなくてはならないと知りました。人生は約80年、しかし人類発祥から500万年という歳月の情報が私達の身体にあり、それが如何に大切なことかを分からずに、教育というもので隠されておりました。宇城塾長が気を以て、私の500万年に干渉し、実感させていただくことで私の中の可能性が見えました。500万年という過去、現在、そして未来、これらを別々に考えておりました。この3つは繋がっており、点が線に、線が面に、面が立体となり体積を持つ。今まで考えることすら無く過ごしてきており、点の状態を線になるよう1つずつ変化をして、線に向かい、いずれは面となり、体積を持つ立体へと至るよう日々変化し、歩みを止めず精一杯進むように致します。


頭で考えて行動を起こすのは遅い、そう宇城塾長はおっしゃられました。実践を通じて、自分の身体で何度も体感をさせていただき、こうしようと思った時は出来ず、意識していない身体の一部を感じ動かすと出来るという統一体を深く感じました。意識と行動が別になった時の弱さ、身体が柔らかくなり掴めない状態、身体の密度が高まりつねる事が出来ない状態、行動の起こりを感じて反応する身体、様々な事をこの合宿で体験させていただきました。

それに加え合宿中の時間経過の早さに驚きました。本当に楽しい時間というのは、こんなにも早く過ぎてしまうのかと思いました。合宿初参加で、全国の方々が集まるという事に過度に緊張しておりましたが、塾生の方々が受け入れてくださり、気遣いをしてくださり、本当に感謝の気持ちで一杯です。


受け入れるという事が相手にとってどれ程安心するかというのが、身を以て感じさせていただきました。それに私は幸運なことに、宇城塾長の教えにより変化を遂げ、そして変化し続ける人を間近で見ております。 私も変化し、良い影響を与えられる人間になれるよう日々精進して参ります。 合宿での講義実践、誠にありがとうございました。




●福島 公務員 52歳 男性 HO


素晴らしく、熱く、楽しい合宿を本当にありがとうございました。

とてつもないエネルギーをいただきました。

人は宇宙から生み出されたものであり、その理(ことわり)に繋がって存在しているということを、強く感じた合宿でした。


常識ではあり得ない検証を、これでもか、これでもかと、畳み掛けるように体験させていただき、自分自身で変化できるレベル、宇城先生の著書で変化するレベル、気を通されて変化するレベルの段階を通して、大小強弱の差はあっても、我々の身体に共通する「力」があることを確信しました。


これまでは、宇城先生だけが宇宙の理に繋がっていて、我々は先生の気を通して、そのエネルギーに触れさせていただいているとばかり思っていました。


しかし、我々は既に完成された「人間」という個であり、その命は父母、祖先、地球、宇宙と確かに遡れる流れの中から生まれてきたものであり、個の存在でありながら、ルーツはひとつという全なる存在なのだと思いました。だから、調和すると強くなる、争うと弱くなるのだと思います。


人は、そのような完全な存在でありながら、宗教や哲学を経て、科学により世界を解明しようと、もともと存在している完璧な自然のシステムを部分分析し、単純化した知識(言葉)で表し、人の欲のためにコントロールしようとしてきました。その果てがこの現代社会なのだと思います。


世界で幾度も大事故を起こしてきた原発を止めず、10万年無害化されない核のゴミを排出し、その処分地さえも決まっていないというのは、その象徴のひとつなのだと思います。


ならば、我々ひとりひとりが成すべき事は何か。それは宇城先生のご指導をそれぞれの日常で実践することだと思います。


世界は変わらないとか、自分一人が頑張ってどうなるものかとか頭で考えず、この狂った世の中で、自分自身の立つステージ(次元)を変えて、希望を持って前に進む。師と仲間たちとの繋がりをエネルギーにして、行動する。その波動を周囲に拡げる。


これを日々実践したいと思います。


我々ひとりひとりが完全な存在。それを体験をもって理解させていただい宇城先生に心から感謝いたします。弟子であることに誇りをもって生きていきます。




●愛知 教員 47歳 男性 TU


名古屋道塾で宇城先生から教えて頂き、1年と半年が過ぎようとしています。

今回は、さらに、自身の変化を求めて、合宿に参加させて頂きました。

この度は、二次元から三次元、そして四次元を実証を通じて、教えて頂きました。一方通行、対立関係から調和の世界、そして時空を超えた(時空を変えた)世界を細胞レベルで体験できたことは、とても大きかったです。

特に、2人1組となって、気を通された後に握り合った手を中心に回転したことと、また、1人が仰向けになりながら、腕を掴んでくる相手を手を触れずに投げ飛ばす実証では、体内の本来持っているスピードを体験することができました。

これは、一方の我がままや両者の対立構造のなかでは生まれず、2人が一つになっていることからできるものであったように思います。

筋力からくるスピードではなく、体中の細胞が一つとなり、相手と摩擦のない調和から生じるものだと確信しました。

また、全く力に頼らないことから、2人にはその速さを楽しむ空間があり、自然に笑顔となっていました。おそらく、74兆(2人分)の細胞も喜んでいたことと思います。

他者と我が一体となることで、ものすごいエネルギーが生じることを、実証を通じて学ばせて頂きました。この「彼我一体」こそが、今の社会で忘れてはならないことだと強く感じました。

さらに、宇城先生が仰った「点と点が結ばれ線となり、線と線が結ばれ面となり、面と面が今度が立方体となり、あらゆることが分かってくる」のような、ものの見方ができる心の目を養うために、今回の合宿の教えを日常で生かしてまいります。



●宮城 医師 72歳 男性 TU


コロナの感染症が惹き起こした様々な政治的社会的問題が表面化した泥沼状態の中で春の合宿は中止のやむなきに至りましたが、秋の宇城道塾の合宿が今回開催でき、大変貴重な時間を過ごさせていただきました。宇城先生をはじめスタッフの皆さんのご努力に感謝申し上げたいと思います。


対立競争の中で人間性が失われてゆくこの現実の中にあって、気をベースにして対立から調和の世界へ導いてくださる先生のご指導は私にとって未来への希望であり、勇気と活力とをいただける貴重な時間でした。

今回の合宿では、優しさや思いやりの心がうみだす調和の世界から、さらにステップアップした気の世界を二日間にわたって体験することができました。特に二日目の午後の最初にご指導いただいた「間」の実証体験は頭でしか理解できてなかったことが身体にスーッと入ってきたのです。

数名が肩に両手をかけて一列になって並び、一人が列と対面して一歩ずつさがり焦点があった所で別のもう一人が列を押して列を押せるかどうか検証するのですが、今までの自分では、意識して列を動かそうとしていたり、できたとしても焦点が一点にしかなかったのです。

今回の検証では、ゆったりと構えて何かをしようと意識することなく自然に動けて、結果狭いながらも焦点の範囲が大きくなっていました。今までの頭で意識して行動する自分とは違う自分発見できたこの体験にとても感動しました。この体験をいかして今後も生活していきたいと思います。今後ともご指導をお願いいたします。

また、合宿でご一緒させていただいた道塾生の皆さんからもたくさんの学びがありました。ありがとうございました。




●東京 会社員 57歳 男性 YK


お陰様で、合宿も今回で4回目の参加とすることが出来ました。

今回も多くの「気づき」を頂きました。ありがとうございました。


冒頭、次元のレベルについてお話があり

「『自分だけ利益を得れば良い』という考え方だから次元が低い」

「人類が誕生して500万年、人が一個の卵子から受精して一人の人間になるプロセスは全く変わっておらず、これは、人の思考の範囲を超越した神秘の世界で科学の及ぶところでは無い。」

などご教授いただきました。


しかし、私たちはそれを忘れ、奢り、「自分さえよければ」の考えが蔓延した結果、元々人は、五次元や四次元の世界に存在していることが出来ていたのに、利己的で傲慢になった事で、逆に三次元以下のレベルに堕落したのだと感じました。

これが人間の劣化だと。

それでも数々の実践を行う中で、やってできる度に、「人の体はなんて神秘的なんだろう」と、自分の中に眠っていた力が次々呼び覚まされ、嬉しさと感動を感じていました。

また、欲(意識)や、よこしまな考えが、少しでも頭にあると、人の本来の力を阻害することも学びました。

武道に於いて、達人が「無の境地」を重視するのはこういうとかと。


私が印象に残ったのが縦一列になり、列の一番前の人と相対し間を取る実践でした。

列に並んでいる時、列が動く動かないは、直前にハッキリと分かりました。

動く時は、何かスッと私の体を通り、列が一体になるという感覚を感じたのです。


また、列に相対した時、間が取れた距離から丹田で「前に行く」という気持ちを出しつつ下がると、列は動きました。

これで、武道に於ける間の取り方というものが少し分かった気がします。


先生は、合宿の終わりの方で、「人としての本来の姿に戻ることが大切。体が答えを知っている」とも仰いました。


その本来の姿とは、かつて日本人が当たり前のように行っていた礼儀正しさや、弱気を助け、卑怯を恥じとし、不正を潔しとしない気質を取り戻すことだと改めて感じました。


「点と点をつないで線とし

 線と線を結んで面とし

 面を組んで立体とする」

というお言葉も印象に残りました。

今回の合宿で、「点」となる部分は少し増えたとは感じましたが、まだまだ線にもなっておりません。


自分が死ぬまでに「立体」に出来るかどうか怪しいですが、私の子供や子孫のためにも「一に勉強二に勉強、三、四、五も勉強」で精進したいと思います。


帰りの新幹線の中で、一人ボーッとしていると、何だか「ああ、生かされているなぁ、何だか幸せだなぁ」とした思いがふつふつを湧いていました。

合宿で頂いたエネルギーのおかげかも知れません。




●福島 会社員 58歳 男性 MO


今回の合宿での数々の実践検証は、調和であったと思います。身体が先で頭で考えない。そして欲を消す事。部分体から統一体になり、次元を高めていく事です。自分は検証の中で、どうしてとか、こうやるのかとか頭で考えた途端に出来なくなってしまう。そしてこうすればとか、ああしようとかの自分の欲を感じました。ただ、何も考えない身体にまかせるというのができません。しかし、検証で宇城先生から気を通されるとできてしまう。普段の自分は気が通らなく詰っており、頭で考える癖がスピードを遅くし、欲が身体の細胞にストップをかけ、自分自身でできなくしてしまっていると自覚しました。


合宿の良さは検証の数も回数も多く、できるまでやれる事です。その中でできない自分、なんでできないのか、宇城先生が身体を張って教えてくれる事です。

そしてできるように自分たちを導いて下さる。自分が変化しエネルギーを持つ事で、周りにもエネルギーが伝わりエントロピーの法則のごとくエネルギーの高い集団ができる。一人革命につながる事です。


道塾合同合宿では、かなりのエネルギーが充電されます。それは宇城先生の気であり、全国から集まった塾生たちの熱い心でもあると思います。夜の懇親会、二次会、三次会での酒宴でいろいろお話ししたことが、すべて勉強になります。合宿参加はいつも仕事との調整で考えてしまうのですが、参加後の気持ちよさは最高です。そして自分の家庭、仕事に戻った時に何かできるような気分になります。自分の自己中心の欲深さを引っ込めて、謙虚になる事。自分を下げず、宇城先生に気を通されるとできる身体があるのだから、その身体を信じ、できるできないではなく、そういう事にこだわらず心で行動できるようになることが大事と思います。


宇城先生、ありがとうございました。お体ご自愛下さい。そしてスタッフの方々と参加した塾生の皆さんに感謝します。ありがとうございました。




●三重 会社員 46歳 男性 SS


6年ぶりに参加したせいか、とても新鮮な気持ちで臨むことができました。

普段の道塾では検証をすることが難しい所も、踏み込んで時間をかけてすることができた事や、初めてお会いする塾生の皆様と、馴れ合い無しで実践検証をして気づかされたことは非常に良かったと思います。日々過ごしている中で疑問に思っている事や、実践している事を再検証をしながら、間違っていた所を修正することもできたと思います。


特に背後から、予告無しに急に抱きつかれて何もできなかった事や、手を繋いでみんなで回っていた時、いつもの道塾では体験できない大きなエネルギーを体感しました。いつもより重く、そして速かったために耐えきれず手が離れてしまったことも初めての経験でした。

経験することで深さを知り、できない自分を素直に認めることがこんなに愉しいのも、合宿ならではだと思いました。遥か昔から存在するエネルギーと、本来持っている自分のエネルギーを閉じてしまっていることを検証し、実証することで現在の時事に繋がっていき、これからの危機をどう乗り越えていくか身体に浸透した内容でした。


花の写真で先生が仰っていた内容から、知らず知らずのうちに、仕組みと仕掛けですり替えられ、染まっていることに気づかされ、今回の合宿でヒントや答えを頂き、正のエネルギーで染め直せたと思います。その原点である仲良くすることと、それを邪魔する欲から、今の自分の立位置はグレーゾーンでフォーカスがズレており、ゴミを拾う、礼、感謝、などの型によって、自分の未来が変わるんだよとメッセージを頂いたと思いました。


本による検証おいては、背中に乗せたときと、外したときから見えたものは、日常での切り替え方でした。真実はどちらが正しいかわかっている筈ですが、それができない状況のときもあります。しかし内面を先生から教わっている型によって、変化させられると感じたからです。

これを日常で早速実践したいと思っています。また、スピードを上げることで、先にそこに自分がいる、入ることによって、差がどのくらいあるかも体感しました。観の目だと思いますが、身勝手な自分の解釈で答えを出さず、今回体験したことを素直に日常に繋げたいと思います。


先生から見せて頂いた世界の写真から、物に存在するエネルギー以外にも、場所によるエネルギーも伝わってきました。自分が心地よく感じる空間は雰囲気に溶け込めていて、違和感を感じる空間は身体が何かを察知していたのではないかと思いました。日本には素晴らしい文化や歴史遺産もありますが、世界中にもあります。行って見たいだけで止まるのではなく、実際に行って見て感じることが真実であり、宗教や言語は違っても、互いに認めて仲良くできる調和っていいよねと想像してしまいました。そのためにやはり勉強が必要だと思います。自分を経年劣化させるのも、歳を重ねる毎に進化できるのかも生き方次第だと考えさせられ、今先生から学ばさせて頂いていると思います。先生の竹刀を持って構えた姿や、振り下ろしを見させて頂いたとき、お話された日本刀や武道武術の品格や気位が伝わってきます。まさに誰かが喜ぶ、助けることが調和への極意なのではないかと考えさせられ、日本が誇る文化でもあると思います。


そのDNAを自分も持っていて、惹きつけられる魅力を感じた瞬間に何かが起きているのではないかと新しい見方が芽生えました。

心を開き純粋な気持ちの自分になっていたせいか、身体に疲労感も無くサーッと体を流れている爽快感は本当に心地良いです。この状態を覚えておき、今までとの差は何がいけなかったのか、反省する気持ちも忘れずに前向きに生きたいと思います。

宇城先生、そして参加された塾生の方々に心から感謝です。大変勉強になりました。今後もよろしくお願い致します。





◆2020年宇城道塾 受講申込受付中

【東京・大阪・仙台・名古屋・和歌山・岡山・熊本】

タグから検索
アーカイブ
  • Facebook UK実践塾 Kenji Ushiro
  • Twitter UK実践塾 Kenji Ushiro
  • Instagram UK実践塾 Kenji Ushiro

本サイトは、UK実践塾/宇城道塾が管理するウェブサイトであり、ここで紹介されている実践メソッド・プログラムはすべて宇城憲治のUK実践塾に知的財産権として帰属するものです。これらメソッドを個人の使用目的以外で、講演会や講習会といった公の場で許可なく使用することは禁止しています。

使用を希望する場合は、必ず認定指導員の派遣を当塾に要請するか、当塾を受講することで資格認定を取得するようにしてください。

また本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を一切禁じます。


ウェブサイト制作 UK実践塾事務局

Copyright© 2010 UK 実践塾 All right reserved.