top of page

第6回創心館大分実践塾審査会、稽古会レポート

今年は新型コロナウィルスの影響で、春に予定されていた稽古会が延期となり、令和2年11月3日(火:文化の日)、大分県日出町川崎体育館にて、待ちに待った第6回創心館空手道大分実践塾審査会、稽古会が行われた。



■昇級・昇段審査

今回は、審査会、少年部・一般部合同稽古、一般部稽古の三部構成で実施された。

張りつめた緊張感の中で8名の昇級・昇段審査が行われた。全員が一年間の稽古の成果を精一杯に発揮した。審査後宇城塾長からは「今の稽古を続ければよい」と今後の稽古につながる指針を受けた。

真剣に審査を受ける塾生。パッサイの分解。
真剣に審査を受ける塾生。パッサイの分解。


■少年部・一般部合同稽古

少年部も合流した合同稽古では、基本、三本移動、三本移動組手、型(サンチン、ナイファンチン)の稽古が行われ、各塾生が塾長より直々に指導を受けた。中でも「1に眼、2に姿勢、3に瞬発力」の重要性を学んだ。

少年部・一般部合同稽古
少年部・一般部合同稽古
一人ずつ指導する塾長。
一人ずつ指導する塾長。


■宇城塾長による型・技のエネルギー

十数人が前の人の肩を掴み一列となり、その列を引っ張るという検証では当然大人も子供も引っ張れないが、塾長が子供の横でサンチンをすると、塾長の型から出る目に見えないエネルギーが子供に伝播し、いとも簡単に引っ張ることができた。

エネルギーの強さから、列の中で手を離した塾生がいた際「手を離すのは、日常でも何かの時に仲間の手を離したり、裏切ってしまう」と厳しい指導があった。

塾長のサンチンのエネルギーにより、大人の列を、簡単に引っ張る子供。
塾長のサンチンのエネルギーにより、大人の列を、簡単に引っ張る子供。

上受けで列を動かす検証では、大人の塾生が行っても列はビクともしなかった。しかし塾長が上受けを行なうと瞬時にエネルギーが最後尾まで伝播した。

塾長の上受けのエネルギーが最後尾まで伝わる。
塾長の上受けのエネルギーが最後尾まで伝わる。

一本の帯の両端を男性9名と女性5名で引っ張り合う検証では、通常であれば男性が勝つが、塾長の型からのエネルギーにより女性の引きが強くなる。

女性のグループが男性を引っ張る。
女性のグループが男性を引っ張る。

上記の指導を通じ、宇城塾長は

「繰り返し、繰り返しサンチン、ナイファンチンを稽古すること。

よく飛ぶ紙飛行機を作ろうと思うなら、よく飛ぶ紙飛行機を真似して作ること」と上達への大きなヒントを参加者に説いた。

塾長の指導を受ける子供達。
塾長の指導を受ける子供達。



■書籍から出るエネルギーの検証

スクラムを組んだ男性を、子供や女性が横や背後から押してもビクともしないが、塾長の著書「一人革命」を持つと簡単に倒せた。しかし、ベストセラーや著名人の書籍ではエネルギーが全く出なかった。

塾長の著書のエネルギーにより、子供が大人のスクラムを倒す。
塾長の著書のエネルギーにより、子供が大人のスクラムを倒す。

仰向けに寝た人の足を持って引くともちろん動くが、塾長の書籍を寝た人のお腹に置くと重くなりたちまち動きにくくなった。

塾長の著書をお腹に置いた瞬間、動かなくなる。
塾長の著書をお腹に置いた瞬間、動かなくなる。

立っている人の帯を4人がかりだと簡単に持ち上げられるが、塾長の書籍を持つと全く持ち上がらなくなった。著名人の書籍を持つと簡単に持ち上げられてしまった。

著名人の書籍を持つと軽くなってしまう。
著名人の書籍を持つと軽くなってしまう。
塾長の著書では重くなり、4人でも持ち上がらない。
塾長の著書では重くなり、4人でも持ち上がらない。


■二人組の回転によるエネルギーの検証

二人組で手を取り合い自分たちの力でぐるぐる回るがスピードは出ない。

しかし塾長が気を入れた瞬間一気に加速し自分たちでは止められないほど超高速回転となる。回転により身体にエネルギーが蓄えられているため、何人もの人から襲い掛かられても簡単に倒すことが出来た。

塾長が気を入れた瞬間高速回転に変わる。
塾長が気を入れた瞬間高速回転に変わる。
体にエネルギーが蓄えられているので、簡単に何人でも倒すことができる。
体にエネルギーが蓄えられているので、簡単に何人でも倒すことができる。


■宇城空手の実践稽古

一般部稽古では、宇城空手の本物の技を体感することができた。

塾長に対して思い切り突きを出しても、身体に触れることが出来ない。

塾長の足の下に塾生が手を置き、更に足首を掴み、塾長が動けない状態となっても、簡単に捌かれてしまい、触れることが出来ない。しかも、塾長の足は微動だにせず、足の下に手を置いている人も全く痛みを感じなかった。

塾生の突きが全くあたらず、空を切る。
塾生の突きが全くあたらず、空を切る。


■正のエネルギーの連鎖

四つん這いになった中学生の腕や足を大人数人がかりで抑えると、もちろん前に進めない。

しかし塾長が気を入れると中学生に伝わり、前に進むことが出来た。さらに、前に進むことが出来た中学生を見ながら、別の中学生が同じことをすると同じように前に進むことが出来た。

塾長の気により、中学生一人で多数の人を動かすエネルギーがでる。
塾長の気により、中学生一人で多数の人を動かすエネルギーがでる。
さらに出来た中学生を見ると、エネルギーが伝わり他の中学生も引っ張ることができた。
さらに出来た中学生を見ると、エネルギーが伝わり他の中学生も引っ張ることができた。

このことから、目には見えない「正のエネルギー」が連鎖することがわかり、「一人革命」の必要性・重要性を感じた。




■おわりに

「どうしたら空手がうまくなりますか」「どうしたら学校に行くようになりますか」ではない。

型を信じ日々型を繰り返し稽古していく中で、型が教えてくれる。

全ては型の中にある。型を繰り返し繰り返しやっていく中で自然と答えは見えてくる。

今までになかったものが見えてくる、出てくるから、更に型が楽しくなる。

特にサンチン、ナイファンチンを毎日稽古することで、自分を信じることが出来、それが「自信」となる。(宇城塾長)


コロナ禍の稽古会にも関わらず、宇城塾長は優しさの中に厳しさあるメッセージ、そして多大なるエネルギーを与え、惜しみない数々の指導を行った。

塾生皆が空手への希望を抱き、今後も更に精進しようと気が引き締まる思いであった。


創心館大分実践塾 塾生 濵田和樹




 

参加者の感想

 

■T.M  51歳  教員

待ちに待った宇城先生の稽古会、今日の日を心待ちにしておりました。

今回特に心に強く響きましたことは、「ここを動かそうとするのでなく空気全体を動かす(変えていく)」という宇城先生の御言葉でした。

空間全体を大きな流れに乗せていく気のエネルギーを自分自身が発すること、そうできるように変わっていくこと。今日の稽古会を通して、それが私自身の明快な目標になりました。

「子どもは空気を吸って生きている」だからこそ、子どもたちを取り巻く学校、保護者、社会の空気全体を変えていく。まずは職員室の空気から変えていく。そのために自分自身を調えていく。

これらは遠大な目標に思えて「できるのかな」と、つい思ってしまいそうになりますが、今日も宇城先生は、本当に様々な検証で、私たちに「できる」ことを体験させてくださいました。そして周りを動かすには、型の稽古を通して折り紙を折って良く飛ぶ紙飛行機を折るように、丁寧に自分自身を整えていくこと、自ら気づいて自らを深化成長させていくよりほかないことを示し気付かせてくださいました。

宇城先生が術技を出される時に、肩や背中が微動だにしないこと、足の裏さえ動かないことに、肚が座っているとは宇城先生のような御姿を言うのだと感服致しました。

周りと調和することは、自らを整え、不断に調え続けていくこと と、肝に銘じ、今日よりまた一歩ずつ精進して参ります。

体内に気が満ち満ちていらして、世界中に出向かれ、私たち弟子のために惜しみなく気のエネルギーと気づきを与えてくださる宇城先生におかれましては、コロナウィルス感染の心配など微塵もいらないことを今日も教えていただき、ただただ驚くばかりです。

どうぞ益々お元気で御自愛くださいますよう心よりお祈り申し上げます。

どこまでも温かい御指導本当にありがとうございました。




■T.K  12歳  小学生

今日僕は宇城先生と空手をやって楽しかったです。

1回だけ空手で実験をしているとき僕に声をかけてくれました。

僕はとってもうれしかったです。

でも僕は宇城先生が四つん這いで歩きなさいと言ったのに僕はできませんでした。

でも気を入れてくれたらできました。

コロナもありますけどまた大分に来てください。

稽古会のときもっといっぱい習いたいです。




■F.H  54歳  自営業

11月3日、コロナ感染防止の為に長いこと延期になっていた実践塾稽古会が行われました。

前日は仙台に行っていたというお忙しい中、大分県に来てくださいました宇城先生には感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

今回の昇級審査・稽古会で感じたこと、今後の課題を書かせていただきます。

稽古会は、まず昇級・昇段審査から始まりました。

今回初めて宇城先生に審査していただくことになり、練習の成果を見ていただこうと思ったのですが、思ったよりも緊張していたようで、感想を書くために審査中のことを思い出そうとしたのですが、思い浮かびませんでした。ただ指示の通り身体を動かしていたようです。

もっと余裕を持つことができるようになりたいと思います。

稽古会では、いつも通り内容がとても充実しており、たいへん勉強になりました。

「気」の実践やサンチンの大切さ、応用となる技など、一日では吸収しきれないほどたくさんの説明をいただき、技も見せていただきました。それと同時に内面の大切さについても教えていただき、稽古時間以外でも心を鍛えることができることや物の考え方などいろいろな点で、まだまだ自分を変えていくところがあることを気づきました。

また、今回の稽古会で、ちょうど今悩んでいた「脇のしめ方」について、宇城先生に実技を見せていただき、さらに普通の「脇をしめる」時と、宇城先生の