身体に気を流す 宇城式呼吸法


宇城道塾の手引き 〈実践編①〉 身体に気を流す 宇城式呼吸法

著者   宇城道塾事務局 編/ 宇城憲治 監修 定価   本体1,400円+税 ISBN   978-4-910001-00-5 判型/分  A5判並製 90頁前後 日英対訳 発売日   2019年6月下旬発売

OnlineShop ご購入はこちら

居つきのない自由な身体。 気が通った統一体。 自分の潜在力を引き出す身体をつくる “実践” 呼吸法。

独自に修得した気というエネルギーによって様々な常識ではあり得ない力や身体動作を多くの人に体験させている宇城憲治が、身体を居つかず自由に使えるためのプログラムとしてあみだした実践呼吸法です。 従来の腹式、胸式、丹田などの身体の各部を「意識」してあるいはイメージを主にした呼吸法とは全く異なります。

生まれながらに持つ身体の潜在力を発揮するには、身体に気を通し、身体を一つにすることが必要です。本来の自然体の身体を取り戻すことこそ自らに眠るエネルギーを引き出すベースとなります。それは武術の極意にも通じる、隙のない身体をつくる呼吸法とも言えます。

イラストで呼吸法をわかりやすく解説。 呼吸法実演のオンライン動画付き。

目 次

はじめに

第一章 身体の呼吸とは 身体の呼吸とは 呼吸による身体の変化

第二章 宇城式呼吸法 〈準備〉 呼吸法 口をぱっと開ける 〈実践〉 宇城式呼吸法      宇城式呼吸法 感謝の型       〈私からあなたへ 私から皆さんへ 天に感謝 地に感謝〉

第三章 対立が身体の呼吸を止める 身体の呼吸はなぜ止まるのか 筋トレは対立構造をつくる がんばるぞ(心の対立)で呼吸がつまり、身体の気が止まる 日常に潜む呼吸を止める常識  1. 体育座り  2. 準備体操(ラジオ体操)  3. 心なし(心ありが呼吸をつくる)

本来の身体の呼吸を取り戻す

OnlineShop ご購入はこちら