武術空手への道



武術空手の知と実践

武術空手への道

沖縄古伝空手を通して発見した

身体脳および身体脳の開発

著者   宇城憲治 定価   2,300円+税 ISBN   978-4900586734 判型/分  A5上製 220頁 発売日  2003年2月1日

・読者の声

・立ち読み(PDF)




OnlineShop ご購入はこちら

沖縄600年の歴史と心が生んだ古伝空手の型に秘められた 身体脳の開発メソッドとは?
身体の持つ潜在能力は、本書で説く身体脳という考えに基づく「身体脳の開発」によって引き出すことが可能。武術界における口伝的レベルの術技の修得はもちろん、頭、言葉に頼った現状の教育方式とは異なる、人間としてのトータルな知的レベルアップを可能にする。座波仁吉師範との対談第三弾も収録。

身体は、語る以上に知っている

身体の持つすばらしい潜在能力は、本書で説く身体脳という考えに基づく「身体脳の開発」によって引き出すことが可能である。この身体脳の開発によって、武術界における口伝的レベルの術技の修得はもちろん、頭、言葉に頼った現状の教育方式とは異なる、人間としてのトータルな知的レベルアップを可能にする。常に「できる」をベースにした著者の裏付けのある武術論は、本物の術技の修得を目指す人へのおおいなる指針となるだろう。近年の科学的理論という名の下に身体をバラバラに分析し、スポーツ等の技術向上に役立てるという部分追求の傾向に対し、本書は、あくまでも身体を統一体としてとらえ、常に全体という視点の重要性を説く。

目 次

第一章 武術空手への道 第二章 武術的身体を創る 第三章 呼吸と呼吸力 第四章 型と分解組手・組手 第五章 武術空手の技と心 (会見 座波仁吉・宇城憲治)