広島東洋カープ 3連覇おめでとうございます


2018年9月26日夜、広島東洋カープがリーグ優勝を果たしました。 本拠地広島のマツダスタジアムは、待ちに待った勝利に湧きました。

緒方孝市監督は、2001年から宇城塾長の実践指導を受け、師とあおいでこられました。

季刊『道』191号(2017冬)では、宇城塾長と緒方監督の対談が掲載され、2年前の2016年、25年ぶりのリーグ優勝を果たした緒方監督の所感が語られています。


塾長の指導で 「残心」を体感する緒方監督(『道』191号より)

「勝とうが負けようが関係なく、今日一日、自分の野球ができたな、と。  できなかったら『なぜできなかったのか』と、それを

 一日一日積み重ねていったのです。

 そうしたら選手がグラウンドで結果を出してくれたのです。」

緒方孝市(『道』191号 宇城憲治巻頭対談より)

日本シリーズでの健闘を祈ります。

『道』191号

#季刊道 #緒方孝市