top of page

宇城憲治塾長の『武道の原点』第8刷



初版から16年、新境地を拓いた著者が「師とは」加筆!

本書は2000年の発刊以来、あらゆる武術・武道、スポーツ界で指導者として活躍してきた宇城憲治塾長の初の武道書です。

「疑問がでてきた場合それを乗り越えようとするエネルギーが働き出す、それは年齢ではなく、心のあり方だと思います。そうしたエネルギーを生み出すシステムを武術は持っているのだから、そのなかで培った強い身体やスケールの大きな考え方や生き方を、社会のなかに、世界にもっと発信すべきです。」 (『武道の原点』第8刷 本文より) エレクトロニクス分野の技術者としてまた経営トップとして、日本のみならず世界で活躍し、常に億単位の責任を背負ってきた宇城塾長の体験は、仕事のあり方や生き方の指針ともなるものであり、ジャンルを問わず多くの人の「座右の書」となっています。 第8刷重版にあたり宇城塾長に加筆いただいたのは、空手の師である座波仁吉先生と、居合の師である川崎武雄先生についての章『師とは』。 塾長にとって師とはどんな存在であったのか。師への思いを通して語られる、武道における真の学びとは。

 

<もくじ>

第一章 武道を学ぶということ 第二章 型から「形」「術」へ(五つの型)  サンチンの型 ナイファンチンの型  パッサイの型 クーサンクーの型 セイサンの型 第三章 武道の原点を考える 著者インタビュー  限りなき瞬発力とゼロの力を求めて  修得はフィードバックシステムでデジタル式に  型は防御なり  生き方に反映させる武道を  世界に向け発信していく力が武術のなかにある 第四章 型は美しく、技は心で  (座波仁吉・宇城憲治 インタビュー)  琉球手から流派を越えた空手へ  投げ技――  一つの技から変化応用させた百人百様のもの  戦わずして勝つ  世界にエネルギーを発信する武道を 「師とは」(第8刷に加筆)

 

Commentaires


bottom of page