『宇城憲治が自在にする「気」とは何か』発刊に寄せて

新型コロナウイルスによる感染が中国の武漢から始まって今や全世界に流行し、WHOは遂にパンデミック宣言をしました。新型コロナウイルスは感染による死亡も伴っています。それだけではなく感染防止のために国の往来を禁止、あるいは自粛を促しました。そのことは一方で物流のストップや消費の落ち込みにつながり、経済的な面でこれまた死活問題となっています。


そういう現状にあって私たちは、多くの事を学び気づかなければなりません。いくら発展した現代医学医療があるといえど、それは新型コロナウイルスという未知の「負」のエネルギーに対し、それに打ち勝つ「正」のエネルギーをいまだ持ち合わせていないという現実があります。

2012年にノーベル生理学医学賞を受賞した京都大の山中伸弥教授は、3月13日に自分のホームページで、朝日新聞の取材に対して自身が「iPS細胞も大切だが、目の前にある大きな脅威に医学研究者として貢献したい。iPS細胞の活用には時間がかかるので、今すぐできる正しい情報を発信したい」と語ったことを公開しています。




この度の拙著・新刊『宇城憲治が自在にする「気」とは何か――その実体に迫る』では、その正のエネルギーの存在について語っており、またそれを得る簡易的な方法についても述べています。


新型コロナウイルス感染に対しては、発生源やルートを追い求めるだけでは解決しません。それ以上に急がなければならないことは、自己の『免疫力』をアップさせることです。

免疫力のアップとは具体的に言えば、人間の個をなしている37兆個の細胞の活性化ということです。本書では、対立構図から調和構図になることがどれだけ細胞を活性化するか、ひいては免疫力アップにつながるかにも触れています。


是非、本書で紹介する誰にでも簡単にできる免疫力アップの型と呼吸法を試してみてください。


このような状況のなか、ヨーロッパやアメリカの会員たちからは、動画や写真が送られてきていて、型や呼吸法が希望となっているというメッセージが届いているところです。



ドイツ・ベルリン実践塾

ハンガリー稽古会



イタリア塾生

最新記事

すべて表示

空手書決定版2冊の発刊にあたって 

この度、私が約20年前に書いた空手書『武道の原点』『武術空手の知と実践』『武術空手への道』の3冊を、新たに編集し、「決定版」として1冊にまとめたいとの依頼が、どう出版からあり、追加、推敲の上、これら3冊のそれぞれの要点を重ね合わせ、さらなる深さへの追求をしたものとして『武術の実践哲学 宇城空手』という新たなタイトルで発刊する運びとなりました。 さらに、もう1冊、私の空手の原点でもあり師である座波仁

これでいいはない

私は技術者時代、メーカーからの要望に対し事故想定の独自のプログラムを組んで、過剰ではないかと言われるくらいの検証をしてきました。 商品開発における技術では、100%完成と思ってもまだ十分ではありません。それはこれまでの技術開発の経験から数多く体験してきたことでもあります。100%完成と思っても、不良はやはり出てしまう。それだけ不良というのは予測がつかないものであるのです。だからこそ、これでもかこれ

どの視点でものを見るか

たとえば、「水は(1)から(2)に流れる」という問いがあったとします。たいていの人は(1)(2)の答えに「(上)から(下)に流れる」と書きます。しかしこれは本当でしょうか。 次の絵を見てもらえればわかりますが、上から下といっても、自分がどこにいるかによって、その表現は異なります。太陽が東から昇って西に沈むといっても、それは地球が回っているから、そのような表現になるだけのことです。 では水が流れると

  • Facebook UK実践塾 Kenji Ushiro
  • Twitter UK実践塾 Kenji Ushiro
  • Instagram UK実践塾 Kenji Ushiro

本サイトは、UK実践塾/宇城道塾が管理するウェブサイトであり、ここで紹介されている実践メソッド・プログラムはすべて宇城憲治のUK実践塾に知的財産権として帰属するものです。これらメソッドを個人の使用目的以外で、講演会や講習会といった公の場で許可なく使用することは禁止しています。

使用を希望する場合は、必ず認定指導員の派遣を当塾に要請するか、当塾を受講することで資格認定を取得するようにしてください。

また本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を一切禁じます。


ウェブサイト制作 UK実践塾事務局

Copyright© 2010 UK 実践塾 All right reserved.