白鵬(第69代横綱)





第69代横綱 白 鵬 


「人間にはそれぞれ器があるという話がありますが、

 僕の器にはまだまだ水が入っていく。

 だから先祖様、両親というもの、そういう何か目に見えないものに

 自分は守られているのかなと思うようになりました」(白鵬)


42回という、大相撲史上最多の優勝記録を誇る横綱白鵬関。

入門時62キロ、175センチだった少年は、18年後、158キロ、192センチの、まさに威風堂々とした力士となりました。


横綱となった今でも

「22歳の時に目指したのが横綱。25、26歳の頃に目指したのも横綱。今、目指しているのも横綱なのです」

と語ります。


いかにして前人未到の記録をつくりあげたのか。

外からは見えない横綱の強さの秘密とは。


武術は理屈でなく、まずはやってみせる世界――

そこを共通点に、武術家宇城憲治氏に、横綱の目に見えない内面を引き出し、言葉にできない世界を、まさに、対談ならぬ〝体談〟を通して語り合っていただきました。


道202号の詳細はこちら





白鵬 翔(はくほう しょう)

第69代横綱 日本国籍

1985年3月11日、五人兄弟の末っ子としてモンゴルウランバートル市に生まれる。姓はムンフバト、名はダヴァジャガル。父・ジグジドウ・ムンフバト氏はモンゴルでは有名なモンゴル相撲の力士で、年1回のモンゴル相撲大会で6回優勝をした国民的英雄だ。

1964年の東京オリンピックではレスリング選手として出場し、1968年のメキシコ五輪ではレスリングで銀メダルを獲得し、モンゴル初の五輪メダリストとなった。

 白鵬関はそんな父を目指して12歳の頃レスリングを始めるが、父に「まだ早い」と反対され、以後、好きだったバスケットボールに熱中していたという。


 「一度日本に行ってみたい」という気持ちから、日本のアマチュア相撲の人たちと稽古して日本を見て回る2ヵ月間のツアーに参加し、2000年10月、15歳で初めて来日する。


 来日した時は、身長175センチ、体重62キロととても痩せていたという。当初、高校を休学し帰国の際はすぐに復学できる手続きをしていたが、帰国前夜に急きょ宮城野部屋への入門が決まり、白鵬関の相撲人生が始まった。


 2001年春場所で初土俵、2004年初場所で十両昇進、同年夏場所で新入幕を果たした。2006年春場所の活躍で大関昇進を決め、同年夏場所で初優勝。2007年夏場所を3回目の優勝で飾って横綱に昇進。


 以後優勝を積み重ねて2014年九州場所で第48代横綱大鵬の持つ優勝記録32回と並び、2015年初場所でついにその記録を塗り替えた。現在は42度の優勝を誇る。2019年9月3日、日本国籍を取得したことが公示され、現役引退後に親方として日本相撲協会に残り、さらなる活躍が期待されるところとなった。

#季刊道

  • Facebook UK実践塾 Kenji Ushiro
  • Twitter UK実践塾 Kenji Ushiro
  • Instagram UK実践塾 Kenji Ushiro

本サイトは、UK実践塾/宇城道塾が管理するウェブサイトであり、ここで紹介されている実践メソッド・プログラムはすべて宇城憲治のUK実践塾に知的財産権として帰属するものです。これらメソッドを個人の使用目的以外で、講演会や講習会といった公の場で許可なく使用することは禁止しています。

使用を希望する場合は、必ず認定指導員の派遣を当塾に要請するか、当塾を受講することで資格認定を取得するようにしてください。

また本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を一切禁じます。


ウェブサイト制作 UK実践塾事務局

Copyright© 2010 UK 実践塾 All right reserved.