ワシントンDC特別セミナー レポート

 2019年5月18日・19日、アメリカ・ワシントンDC近郊にて、宇城塾長によるワシントンDCセミナーが開催された。

 今回は東京実践塾生が米国日本大使館への勤務に伴い、是非宇城塾長をワシントンDCにご案内したいという希望から、榎本師範にも参加していただき特別セミナーとして実現した。

以前に宇城塾長の指導を受けた経験を持つ人たちが多く集まり、半年又は一年に1回しか指導を受ける機会がない参加者のために、持ち帰って一人稽古ができるものをということで、2日間を通じて、主にサンチンの型のより深い指導が行われた。


塾長の説明を真剣に聞く参加者

呼吸の指導を行う塾長

全体でのサンチン

 スポーツが年齢によってピークがあるのに対し、武術は死ぬまで修行であること、そして力の概念が全く異なることを子供を通じて指導した。



塾長の指導により大人を制する子供

塾長の気により子供が全く持ち上がらない


 特に印象的であったのは、シアトルセミナー参加している空手指導者が、今回生徒を連れて参加したが、指導者以上にサンチンができていたことであった。

 宇城塾長によれば、そうした現象が起きるのは、指導者が宇城塾長を見ていることで、自分ではできなくても、宇城塾長の姿が生徒に移っていくからとのこと。参加者が指導する者の中から、そうした生徒が出てきたところに、アメリカにおける宇城塾長の指導の広がりが感じられた。



塾長の指導を受ける初参加の女性

 サンチンの指導を通じて、姿勢を丁寧に指導し、随所に実践への応用を組手へを通じて指導した。


姿勢を指導する塾長

実践への応用組手







 2日目の午前中には、子供クラスも開催され、冒頭によい挨拶と悪い挨拶の検証が行われた。驚いた子供が「マジックだ」と言い、宇城塾長が「そうや、挨拶マジックや」と応じるという掛け合いから始まったが、全員が違いを体験し、一気に塾長の指導に引き込まれていった。


しっかり挨拶すると大人を押すことが出来た



 参加した子供の現地指導者(ニューヨークセミナーの参加者)への宇城塾長による指導や、榎本師範による演武も行われ、本物の空手を子供たちが真剣な表情で見つめていた。



榎本師範によるの型演武 ナイファンチン

分解組手演武 ナイファンチン



 会場を出る際に、「ありがとうございました」と大きな声であいさつをしていく子供たちの変化とともに、それに喜ぶ保護者の方々の笑顔が印象的であった。



ワシントンDCセミナー 集合写真

 セミナー翌日の5月20日には、宇城塾長一行がアーリントン墓地、日本大使館、ホワイトハウス、最高裁判所、連邦議会図書館を訪問した。



ホワイトハウス前で

 連邦議会図書館には、2011年から季刊『道』が所蔵されており、その縁で、アジア関連資料の担当の方から所蔵資料についての説明を受けた。訪問を機に、宇城塾長の著書が寄贈されることにもなった。



担当者から説明を受ける塾長

季刊「道」を手にする塾長

連邦議会図書館集合写真


 ワシントンDC視察後、懇親会が行われ、主催した塾生より遠方から来られご指導いただいた、宇城塾長および榎本師範への感謝を述べ、1本締めにてワシントンDC特別セミナー全日程が終了した。



懇親会写真



ワシントンDC特別セミナー 感想

■T.M 空手指導者

 呼吸は自分ではわかっていると思っていたんですが、今回のご指導を受けて、ぜんぜんわかってないことが分かりました。お腹と背中で3対7の割合で呼吸をするというのがわかっていなかったし、「中心」というのは、僕らの感覚では物理的な中心でしかないのですが、先生に背中とかを矯正していただいた時に、「ああ、これが中心なんだ」というのがわかりました。できないですが、それを感じることはできました。今回、この二つを学べたことが大きかったです。

 僕らが教える「中心」とは違って、先生の中心まったく僕ら従来の「中心」とは違うもので、理解していないから、「中心を取る」「中心を消す」などということはできません。しかし、そういう世界に触れることができただけでもよかったです。サンチンの型にそういう「中心をつくる要素」があるのだと思いました。

両手をぶつけ合う、というのを先生とやったのですが、ぶつかると痛いことは痛いですが、それが、自分の身体を壊そうとする痛みではないのです。自分を守ってくれている。先生のは中心をつかってやっておられるので、たぶん僕が怪我をしないのだと思いました。そうでなければ、あれにやられたら肩が抜けると思います。その正確性がすごいと思いました。

 言葉ではなんとでも言えますが、できるまでは何にもいえない。奥が深い。次元が違う。まさに「実践塾」だと思いました。


■S.K エステシャン

 今回、4回目ですが、ちょっとずつわかりかけていることもあるかもしれませんが、今までとは違う、センターの取り方とかを、先生を通して学び、従来との違いが見れて、感じられて本当に感動しました。

床に寝て投げて飛ばす稽古を行いましたが、その感覚を身体が覚えているものもありますし、ふたりでくるくるまわってエネルギーを取り込むのも、先生が気のエネルギーをいれた瞬間にそれを感じて、ころんでも痛くなかった。本当に来てよかったです。次回を楽しみにしています。


■G.M 弁護士

 途中ブランクはありますが、20年以上、空手をやっています。今回初めて宇城先生のセミナーに参加しました。先生のセミナーにとても興奮したし、先生のエネルギーはとても強く、パワフルでした。同時にとっても暖かくて受け入れてもらえる雰囲気がある。対立ではなくて、受け入れられ、エネルギーを感じ、仲間になって、、、と。素晴らしいセミナーでした。参加してよかったです。


子どもの感想

■M.M(女の子)

おもしろかった。なんか、わっとしてしゅーっとやったら(大人が)倒れるので、すごかった。びっくりしました。

(父)すばらしかった。雰囲気もぴしっとしていて、日本の文化をひしひしと感じた。雰囲気がすごかった。


■S.S(男の子)

たのしかたったです!

(母)すばらしいお手本を見せていただいて、彼も今日はすごくきれがあって、目がきらきらしていて、めったにない体験をさせていただいて、ありがたかったです。


■Y.O (女の子)

楽しかった。どきどきした。

(母)緊張しているように見えなかった。見るからにすごい方がご指導されるのかと想像していたら、ふつうの人だったので、びっくりして、でも始まったら、先生から気合いが感じられて、見るからに、、というところじゃないのが、とても素敵でした。


  • Facebook UK実践塾 Kenji Ushiro
  • Twitter UK実践塾 Kenji Ushiro
  • Instagram UK実践塾 Kenji Ushiro

本サイトは、UK実践塾/宇城道塾が管理するウェブサイトであり、ここで紹介されている実践メソッド・プログラムはすべて宇城憲治のUK実践塾に知的財産権として帰属するものです。これらメソッドを個人の使用目的以外で、講演会や講習会といった公の場で許可なく使用することは禁止しています。

使用を希望する場合は、必ず認定指導員の派遣を当塾に要請するか、当塾を受講することで資格認定を取得するようにしてください。

また本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を一切禁じます。


ウェブサイト制作 UK実践塾事務局

Copyright© 2010 UK 実践塾 All right reserved.