第4回ヨーロッパセミナー レポート


2018年6月23日(土)、24日(日)、ドイツベルリンにて宇城塾長による第4回ヨーロッパセミナーが開催された。

参加者はドイツはもちろん、フランス、イギリス、イタリア、ポーランド、ハンガリーなどのヨーロッパ諸国の他、アメリカ、日本からも集い、初めての人も過去に受講した人も等しく塾長の教えに触れる貴重な機会となった。セミナーは例年通り、英語とドイツ語の通訳を介したが、それ以外にも各国のグループでそれぞれの母国語に訳す担当者がいたりと、塾長の教えを一つも逃すまいと言う気概が感じられるセミナーだった。

「ヨーロッパは年に一回の稽古なので参加者には一年かけて研究してもらえるようなものを持ち帰って欲しい」、セミナーは宇城塾長のこの言葉から幕を開けた。筋肉の時間、神経の時間、細胞の時間、それぞれの速さがどれだけ違うのか、稽古に対して何を求めるべきなのか、年齢に束縛される事なく研鑽出来る武術空手とは参加者の見知った世界とどう異なるのか、これらについて問いかける2日間となった。


塾長の説明を真剣に聞く各国からの参加者


初日の午前は、肉体の動きではなく、内面から出てくる動きについて、いくつかの運動と検証から始まり、そこからサンチンへと流れるように展開した。サンチンの次はパッサイへ。パッサイは一年前のベルリンセミナーでポーランド参加者の希望で塾長が指導した事もあり、一年かけて各自が稽古をした跡が感じられた。そこでさらに深められるよう複数のグループに分け指導が続いた。


​サンチンの指導を受けるポーランドの指導者




グループに分かれてパッサイの稽古を行なう

参加者の真剣度合は休憩時間も塾長の元に訪れて通訳を介して色々と質問する姿からも感じられた。通常の稽古ではどのように開始するのか、何を行うのか等と言った質問を始め、塾長の技の目に見える現象のみならず、その元となる所へと関心が向かっており、塾長もその熱意に応じて答え、休憩後の稽古がその質問内容に沿う事もあった。


塾長の内面の変化にも高い関心を持つ参加者


塾長が気を通すとイタリア人とドイツ人二人が飛び乗ってもびくともしない強い身体になる

ヨーロッパセミナーは各国の指導者層が多く参加する傾向があるが、今回印象的だったのが、各国の指導者層が仲間の指導者を連れて参加していた事だった。それぞれの見慣れたグループに新しいメンバーがおり、経験者が盛んに塾長の技を体験するよう呼びかけている姿が各言語で見られた。そして先生に触れた人たちの表情は一様に新しい世界を垣間見たショックと感動に溢れていた。塾長の持つ本物の魅力が伝播していく様が強く感じられるセミナーであった。


ハンガリーとポーランドの指導者を指導する塾長

​​


​イタリア人指導者との組手 (パッサイの分解より)












各参加者グループの話を聞くとそれまでの流派を一切辞めて、宇城空手一本に絞ったと言う指導者から、指導者同士で集って宇城塾長から学んだ内容について検証、研鑽を重ねるグループまで、限られた時間の中で何を得るのか、どのように磨くのか各自が真剣に取り組んでおり、宇城塾長の「心は目に見えない、しかし行動は見える」を実践している様が伝わって来た。


イタリアからの参加者と塾長 (稽古後の懇親会にて)


ポーランドからの参加者と塾長


宇城空手1本に絞る決意をし、来年もヨーロッパセミナーを主催する ミカエル・ケーテ氏(左)、イエンス・アッカーマン(右)氏と宇城塾長

初回からの参加者も今回のセミナーがこの4年間で最も各参加者の変化とポジティブなエネルギーが感じられ感動しているとの言葉もあり、宇城塾長もそれに応えるかのように来年のベルリンセミナーの日程を決定、場合によってはヨーロッパでもう一度行っても良いと懇親会で発表し各参加者からの熱烈な地元アピールで迎えられる一幕も。塾長のエネルギーが全員を一つにまとめて希望を与えた第4回ヨーロッパセミナーとなった。


第4回ヨーロッパセミナー集合写真

<第4回ヨーロッパセミナー感想文> ■ Koethe Michael ドイツ セミナー主催者  2018年のドイツセミナーは、参加者一人ひとりのエネルギーが感じられる、素晴らしいセミナーでした。一番感動したのは、先生がスポーツ空手と武術空手の違いを、相手との間の違いで示してくださったことです。とても大きな学びとなりました。先生のもとで、武術空手を学べることが本当に幸せです。これからも、この宇城空手をヨーロッパ全土にできる限り広げていきたいと思います。先生に来ていただき本当にありがたかったです。来年もよろしくお願いします。

■ Ackermann Jens ドイツ セミナー主催者  今回のご指導で感動したのは、サンチンの中割れに象徴されているように、内面の力を示していただいたことで、この方向に稽古しなければならないことを学びました。この方向に稽古を重ねていきたいと思います。

■ スペイン 医師 先生とのニューヨークセミナーでの初めての出会いは私にとって本当に革命的な出来事でした。その時から先生について学びたい自分がいることがわかっていました。その後10年間、先生に学べる機会を探していました。シアトルセミナーになかなかいく機会に恵まれず、今回このセミナーで先生にまたお会いし学ぶことができて本当に嬉しいです。  私は合気道も指導しているのですが、稽古するなかで内面が変わらなければならないことには気づいていました。先生はまさにその素晴らしい見本を見せてくださっている。これまでも素晴らしい方に学んできましたけれども、そのなかでも宇城先生が指導してくださる武術として武道の在り方は、最も素晴らしいい教えであり、私が求めている武道です。本当にありがとうございました。

■ ポーランド  空手指導者  身体の時間の違いについて学んだことが印象的でした。人間の身体について、それが持っている可能性について、それがどのように働くのか、それをどう武術に生かされるのかを教えていただき、とても刺激を受けました。身体の時間について、またそれをどう空手に活かすかということは、私にとりまったく新しい概念でした。  パッサイの型のご指導で、先生は戦いにおいてどう「間」を使うかを示してくださいました。分解組手が「間」によってどう効果が変わってくるか、自分と相手との距離が変わることでどう技が違ってくるかを示してくださいました。 また、パッサイの型の技について、今回こと細かに教えていただきました。昨年先生にパッサイの型を学んでからは、ずっと集中してパッサイの型を稽古してきました。今回先生のパッサイの型をあらためて拝見し、自分の型がとても不完全で、どれだけこれから学ばなければならないことがあるかを実感しました。もっともっと細かいところに気づけたし、自分が間違っていたことにも気づけました。これからどうすべきかを学べました。

■ハンガリー   空手指導者  ものすごく楽しかったです。今年のセミナーをとても楽しみにしていました。昨年先生にご指導を受けてから、少しでも上達したいと、本もたくさん読みましたしdvdを見たり ユーチューブの動画を見たりしてきました。今回は二人の息子と一番弟子をつれてきました。私はブタペストに道場をもっています。150人の弟子がいます。ほとんどが子供です。指導者は3人いて私がとりまとめています。型の基本を学びました。

大きさや筋力からくる力ではない力を得るために型を学ばなくてはならないことが分かったので、だからこそ、正しい型を学びたいと思います。

■フランス 合気道 指導者  今までの稽古はただ同じことの繰りかえしという稽古でしたが、先生のご指導を受けて、合気道において日常においても自分の考え方がすっかり変わりました。心のもちようももっと真剣になり、稽古への取り組む姿勢も変わりました。合気道でも「正しい姿勢」ということをよく言うのですが、先生のおっしゃる「正しい姿勢」は、ただの姿勢ではなくて、なにか内側が開くような感じで、そのことにとても驚きました。

今日やった胸取りの技でも、相手を押したりするのではなく、先生の姿勢は開いていて、自分の身体が自由になった感覚が得られました。稽古だけでなく、日常においてもいろいろなことに気を付けるようになりました。

■イタリア 空手指導者 今回宇城先生のセミナーに参加するのは5回目です。毎回、ものすごい刺激を受けています。その深さを毎回感じています。私は宇城先生の空手をほかの人に話していますが、それはなんとか先生をローマにご招待したいと頑張っているからです。セミナーを企画するのは人数的にも経済的にもそう簡単なことではないですが、ローマにぜひご先生を招待して、おいしいワインと食事で先生を接待いたしたいと願っています。 先生の武術を理解するには、子供の心と身体ととりもどすことが必要だと感じました。それは、相手と衝突せず戦わず調和することが大切だからです。今回は、新しい人を4人つれてきました。 4人はみな指導者で、道場をもっています。毎週木曜日、道場に集まって宇城空手の型だけの稽古をやっています。

#海外セミナー

  • Facebook UK実践塾 Kenji Ushiro
  • Twitter UK実践塾 Kenji Ushiro
  • Instagram UK実践塾 Kenji Ushiro

本サイトは、UK実践塾/宇城道塾が管理するウェブサイトであり、ここで紹介されている実践メソッド・プログラムはすべて宇城憲治のUK実践塾に知的財産権として帰属するものです。これらメソッドを個人の使用目的以外で、講演会や講習会といった公の場で許可なく使用することは禁止しています。

使用を希望する場合は、必ず認定指導員の派遣を当塾に要請するか、当塾を受講することで資格認定を取得するようにしてください。

また本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を一切禁じます。


ウェブサイト制作 UK実践塾事務局

Copyright© 2010 UK 実践塾 All right reserved.