塾長の対談特集 『道』206号

宇城塾長の対談【特別編】と、塾長の連載「気づく、気づかせる」が掲載された季刊『道』206号が発売となりました。 ■巻頭対談 【特別編】 内なるエネルギーを生き抜く力に ◎歌手・俳優 美輪明宏 「目に見えない世界にこそ真実がある」 ◎「大日寺」住職 金昴先 「本気の愛情こそ世界平和につながる道」 ◎ケニア・ナッツカンパニー創業者 佐藤芳之 「行動先にありきが前に進むエネルギーを生む」 ◎映画俳優 菅原文太 「日本の底力を見せる時」 コロナ禍で時間が止まったかのような日本に、力を与えてくれる対談特集。 これまで塾長が行なってきた対談から4対談が、ダイジェスト版となってそのエッセンスが凝縮されています。 宇城塾長がそれぞれの方から引き出す内なるエネルギーは、今を生き抜く原動力になります。 ■塾長の連載 『気づく、気づかせる』 第52回 「目に見えない正と負のエネルギー ― コロナ禍で見えてきたもの ―」 コロナ禍を生き抜くには、何より自分のエネルギーを高めることが求められています。 本連載では、その具体的なエネルギーの高め方や、そこへ向き合う姿勢についてなど、実践とともに展開しています。 「背中に置いたエネルギーある物(塾長の本)により、その下の人が2人がかりで弾いても動かなくなる(身体内のエネルギーが高まっている」  (『道』206号より) 詳細は、こちらです。 ⇒ [季刊『道』206号]

第34回 東京実践塾合宿 感想文

■ 千葉 自営業 K.N この度はこの状況の中、合宿という深い学びの場を提供してくださり誠にありがとうございました。  あらためて二日間に渡る、先生と寝食を共にする合宿というありえない経験をさせていただき、本当にありがとうございます。 そして初日の稽古のあの暑さの中で、誰も倒れることなく無事に終われたのは先生の気に包まれた稽古であったからこそであると感じております。重ね重ねありがとうございました。  今回の合宿では二日間を通して、とにかく食らいついていきたいと思いました。拓治師範の班にて指導をいただきましたが、毎回師範はさっき出来なかった事が稽古の中で出来るようになるという事を体現してくれています。しかもそのスピードがどんどん上がってきています。  自分たちはどのようにしていくのか、とても大きな課題です。突破口を見つける、何か少しでも一つでもその手掛かりになるための突破口を探せていないという事に危機感を感じています。  24時間稽古という言葉の意味が重く深く響き、日常に活かすなんて言う前に日常になっていなければ変われないのだと感じました。普段の日常をどう過ごしてきたのかが全て稽古で出ている。毎回自分の中の確認や検証の材料を持って臨まなければ、まるで毎回教わっては忘れているようなものです。出来なくても間違っていても検証の材料を必ず持って稽古に挑む事をより一層毎回の課題とし、日々の生活の中でも実践していきます。  その中で先生と繋がっていることをしっかりと自覚し、ぶつ切りにしないようにしていかなければいけない、その一つのわかりやすい手段の一つとして書籍を持ち歩く、目に見え

  • Facebook UK実践塾 Kenji Ushiro
  • Twitter UK実践塾 Kenji Ushiro
  • Instagram UK実践塾 Kenji Ushiro

本サイトは、UK実践塾/宇城道塾が管理するウェブサイトであり、ここで紹介されている実践メソッド・プログラムはすべて宇城憲治のUK実践塾に知的財産権として帰属するものです。これらメソッドを個人の使用目的以外で、講演会や講習会といった公の場で許可なく使用することは禁止しています。

使用を希望する場合は、必ず認定指導員の派遣を当塾に要請するか、当塾を受講することで資格認定を取得するようにしてください。

また本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を一切禁じます。


ウェブサイト制作 UK実践塾事務局

Copyright© 2010 UK 実践塾 All right reserved.