『空手談義 型は美しく技は心で— 座波仁吉・宇城憲治 —座談録』 感想文

●静岡 農業 Y.F まず、最初に手に取った時、本のカバーが重厚でその内容の重さを表していると思いました。 今までも、宇城先生と座波先生の対談を他の本でも読ませて頂いていたのですが、こうして今一度、じっくりと読ませていただいて、対談の最初の「自分を変えていく力」の所で宇城先生が仰っている「身体を通し脳が感じその脳が身体を変化させる」とのお言葉に、本当に、今、受けている御指導と内容がブレていない、当時、44歳の頃から先生は武道空手に大いなる可能性を見出しておられていたのだと思いました。 「忍耐と広い心を持って」や「基本的に愛情なくしてできるものではない」など、本当に当時の気持ちを持ち続け、自分達に接しておられるのだと。今現在の先生から御指導を受ける身として、その当時から先生が持たれてきた心の一端を感じる事ができ、また改めて先生の座波空手、武術空手に懸ける情熱や真摯さを感じる事ができ、本当にこのような本を読む事ができるのは有難い事なんだと。そのように感じました。 座波先生のお言葉や、師のその心をくみ取り、宇城先生も仰っていますが、形としては対談ですが、その教えを、言葉を引き出していく、宇城先生のこの当時の取材時の弟子としての姿勢。本当に凄いとしか言えません。先生が「100%座波先生を信頼してきた」と言われますが、まさにこの本を読む事でそれを実感する事ができます。自分は宇城先生が座波先生にされているように師の心をくみ取ることができているのか。できていなくともそこを目指して修行する事ができてるのか。それを自分自身に見つめ直す本当に良い機会を与えて頂くことができました。 座波先生の珠玉の

『武術の実践哲学 宇城空手』 感想文

●東京 会社員 S.M 並々ならぬ読み応えでした。普遍的なものは時の経過によって色あせることがなく、これからもさらに輝きを増していくのだと感じます。 「20年前に語っている内容なのに、その本質は全くぶれていないことに改めて気づかされます」と宇城先生がご自身でも振り返っていらっしゃることが印象的でした。日常すべてが稽古だとして一挙手一投足すべてについて、そこに理合があるかを常に自らに問い続けていらっしゃった先生の誠実さ、情熱、徹底した真理追求の生き様がこの本全体から感じられました。どの文章一つをとっても論理が明快であいまいな箇所がありません。しかし、その指し示す内容は深遠かつ崇高であり、私などが「理解できました」などと申し上げられるものではありません。後につづく者が道を誤らないように、愛情をもって正しい方向へ導いて下さっていることを強く感じるとともに、勝手に自分のレベルで解釈してその本質を間違って受け取ってしまうことをこそ恐れなくてはいけないと思いました。 稽古について、やみくもにがんばるという精神論ではなく、型、分解組手、応用組手という体系的なフィードバックシステムを通じて、型を土台に絶対的に成長していけるプロセスが明確にあることは希望です。それ以上に、実際にそれを「できる」形で示してくださる師がいてくださることはこの上ない幸せなことです。あとは自分が素直に自らを透明にして先生を映すことをどれだけ徹底してできるかだと思います。表面的な知識として「見たことがある、知っている」ということにはほとんど価値がなく、「できるか、できないか」その厳しさを超え、できて初めて先生のおっしゃるこ

写真家 野村哲也氏との対談 『道』205号

写真家 野村哲也氏と宇城塾長の対談と、塾長の連載「気づく、気づかせる」が掲載された季刊『道』205号が発売となりました。 ■巻頭対談 時空を超える人間のエネルギー 「気」でひもとく、古代の不思議と偶然の必然 10歳から一人旅を始めた野村哲也さんは、高校時代から山岳風景や野生動物を撮るようになり、今や南米や極地など、150ヵ国以上の国々に被写体を求め、世界を舞台に活躍する。 とくに南米に行き出してからは、様々な偶然や奇跡を体験するようになったという野村さん。それはカメラを構える野村さんと自然との境界線が消え、無意識の中でこれまでにないような珠玉の写真が生まれるというもの。 気の世界を探求し、自分自身はもちろん、第三者にもその世界を示すことができる宇城氏は、「そこには気の法則性があり、すべてと調和融合を可能にする気のエネルギーは、心が差となって起こる。それが真理であるから」と語る。 対談では、宇宙の産物である人間の身体の不思議とともに、インカ文化に見る古代遺跡のパワーを土台に、あらためて人間とは何か、そのあるべき姿について語り合っていただいた。 ■塾長の連載 『気づく、気づかせる』 第51回 「未知の正と負のエネルギー ― どう共存するか ―」 地球には目に見えない負のエネルギーと正のエネルギーがあり、負のエネルギーに怯えそこに呑み込まれてしまうのか、自らにある正のエネルギーを引き出してその難局を乗り越えていくのか。 すべては自分の中の心、真理にあると説いていきます。 コロナ過の今を、そしてこれからも続くであろう厳しい未来を私たち人間がどう生き抜いていくべきか、多くの方がその指針を

写真家  野村哲也 

写真家 野村哲也 「 10代、20代の頃は、 写真家というのはひたすらシャッターチャンスを 待たなければいけないと思い込んでいました。 でも30代、40代になり、 僕にとって最良の状態、必要なものを見せてくれるのが 『自然』なのだと教わりました」(野村) 10歳から一人旅を始めた野村哲也さんは、高校時代から山岳風景や野生動物を撮るようになり、今や南米や極地など、150ヵ国以上の国々に被写体を求め、世界を舞台に活躍する。 とくに南米に行き出してからは、様々な偶然や奇跡を体験するようになったという野村さん。それはカメラを構える野村さんと自然との境界線が消え、無意識の中でこれまでにないような珠玉の写真が生まれるというもの。 気の世界を探求し、自分自身はもちろん、第三者にもその世界を示すことができる宇城氏は、「そこには気の法則性があり、すべてと調和融合を可能にする気のエネルギーは、心が差となって起こる。それが真理であるから」と語る。 対談では、宇宙の産物である人間の身体の不思議とともに、インカ文化に見る古代遺跡のパワーを土台に、あらためて人間とは何か、そのあるべき姿について語り合っていただいた。 道205号の詳細はこちら 野村 哲也 (のむら てつや) 1974年、岐阜県生まれ。 “地球の息吹”をテーマに、北極、南極、アフリカ、南アメリカなどに被写体を追い求める。2007年末から南米チリのパタゴニア、2010年から富士山&熱海、2012年から南アフリカ&イースター島と2年ごとに住処を変える移住生活を開始。現在までの渡航先は150ヵ国に及び、世界193ヵ国踏破を目指す。 秘境ガイド(主

塾長イベント 8/23 京都 実践講演会 9/21 出版記念 気の実証・講演会

2020年8月、9月に、宇城塾長のイベントがあります。 誰もが生まれながらに持つ無限の可能性に気づかせ、開花させる実践講習会と、 6月末に発行された 『武術の実践哲学 宇城空手』 『空手談義 型は美しく技は心で ― 座波仁吉・宇城憲治 ― 座談録』の 出版記念講演会です。 いずれも貴重な機会です。 ふるってご参加ください。 (1) 宇城道塾 京都 実践講演会 2020年8月23日(日) 場 所: 京都府立総合社会福祉会館 ハートピア京都 参加費: 大人(大学生含む)4000円/学生(高校生まで)2000円 [詳細・お申し込み] (2) 宇城憲治 出版記念 気の実証・講演会 2020年9月21日(月祝) 町田市文化交流センター(6F ホール) 入場料: 4000円 [詳細・お申し込み]

空手談義 型は美しく技は心で ― 座波仁吉・宇城憲治 ―座談録

空手談義 型は美しく技は心で ― 座波仁吉・宇城憲治 ― 座談録 著者  宇城憲治 定価  本体2,200円+税 ISBN  978-4-910001-08-1 判型/分 A5判上製 口絵16頁/本文184頁 発売日 2020年6月24日 強い信頼の中で交わされる、空手談義。 本書は、『武道の原点』(2000年)、『武術空手の知と実践』(2001年)、『武術空手への道』(2003年)に掲載された、宇城憲治氏と、氏の空手の師・座波仁吉氏との座談録を一つにまとめたものです。 取材は1993年から2002年の約10年間に6回にわたって行なわれ、初回は座波師78歳、宇城氏44歳、最後の座談会では座波師88歳、宇城氏53歳と、その時々の空手への熱い思いを縦横に語り合っていただいた記録であり、歴史的にも大変貴重な座談録です。 本書は武術空手の詳細な術技談義であると同時に、宇城氏と座波師との全くゆらぐことのない師弟の深い信頼のなかで、空手の歴史、沖縄の歴史、武術空手とは、師に学ぶとは、弟子を育てるとは、ひいては人間としてどうあるべきか等々、空手にとどまらない、人間としてのあり方においても、多くの示唆に富む内容となっています。 徹底して武術を追求する真摯な姿勢と、絶対的な信頼があるからこそ受け継がれる伝統と心。本書は、武道・武術の学びの世界だけでなく、すべての学びに通じる貴重な人生の指南書として多くの人を勇気づけることでしょう。 同時発売『武術の実践哲学 宇城空手』 著者メッセージ 宇城空手 決定版2冊の発刊にあたって この度、私が約20年前に書いた空手書『武道の原点』『武術空手の知と実践』『

武術の実践哲学 宇城空手

武術の実践哲学 宇城空手 著者  宇城憲治 定価  本体2,800円+税 ISBN  978-4-910001-07-4 判型/分 A5判上製 284頁 発売日 2020年6月24日 戦わずして勝つ―― 武術の本質を実現する、宇城空手の決定版! 本書は、宇城憲治氏の空手書3冊『武道の原点』(2000年刊)、『武術空手の知と実践』(2001年刊)、『武術空手への道』(2003年刊)を、再編集の上一つにまとめ、氏に新たに詳しく加筆、推敲いただいた「宇城空手」の決定版です。 流儀・会派を超えた武術空手としての本質を、実践をベースに解説。本来の武術とは何か、型の意味、分解の意味、身体脳、呼吸力、ゼロ化、師とは、修業とは等々、空手家にとどまらず、すべての武術修業者にとってまさに必読の内容が詳細に展開されています。 さらに本書には、長年企業トップとして、またエレクトロニクス分野における最先端の技術者として、第一線で活躍してきた宇城氏の幅広い経験と視野からくる、日常のあり方、人としてのあり方、リーダーとしてのあり方、ひいては人間どう生きるべきかにつながる人生における「実践哲学」が貫かれています。まさにそれは、現在宇城氏が展開する、人間の潜在力を引き出す「気」の指導につながる原点と言えます。 本書は決して昨今に見るようなハウツー本ではありません。武術にハウツーはないからです。しかし、真剣に武術の道を志す方には、本来の修業のあり方へと導いてくれる一冊になることは間違いなく、さらに、多難な時代に生き方を模索する人にとっては、ぶれずに生きるための人生の指南書となると確信しています。 同時発売『型は美

  • Facebook UK実践塾 Kenji Ushiro
  • Twitter UK実践塾 Kenji Ushiro
  • Instagram UK実践塾 Kenji Ushiro

本サイトは、UK実践塾/宇城道塾が管理するウェブサイトであり、ここで紹介されている実践メソッド・プログラムはすべて宇城憲治のUK実践塾に知的財産権として帰属するものです。これらメソッドを個人の使用目的以外で、講演会や講習会といった公の場で許可なく使用することは禁止しています。

使用を希望する場合は、必ず認定指導員の派遣を当塾に要請するか、当塾を受講することで資格認定を取得するようにしてください。

また本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を一切禁じます。


ウェブサイト制作 UK実践塾事務局

Copyright© 2010 UK 実践塾 All right reserved.