2020年 宇城道塾 開講します

2020年 宇城道塾の受講申し込みを受け付けております。 宇城道塾は、自身の変化成長を目指す方であればどなたでも参加いただけます。 前半の講義では、「気」や潜在能力についての解説と、時事問題を交えながら現代社会が直面する課題への向き合い方を学びます。 後半の実技では、自分で気を通す方法、通してもらう方法の二つを交えながら、統一体を体験していきます。 宇城道塾 講義の様子 宇城道塾 実技の様子 潜在能力の発揮には、身体に気が通った「統一体」となることが必須です。 塾生は、10代から80代と幅広く、 職業も、小学校、中学、高校教員、大学教授、会社役員、パイロット、IT関連事業、画家、消防官、医者、弁護士、僧侶、学生、主婦、農家など様々です。 また、各種武道経験者も多く受講しています。 道塾での検証実践を通して、それぞれが生まれながらにもつ潜在能力に気づかされ、希望をもち、自らを信じる、すなわち、本当の意味での自信を得て、職場や家庭で、あらたな人生を切り開いていかれます。 塾生は、「元気になった」「あきらめない力がついた」など、自分自身で感じる変化のほかに、周りから「明るくなった」「接しやすくなった」など指摘されることも多くなっていきます。 ■道塾で学んで ― 私の変化 ― ■開催地・受講費 東京初級   全6回 48,000円 (年2期 前期:1~6月/後期:7~12月) 大阪A・B   全6回 60,000円 (Aクラス: 奇数月開催/Bクラス:偶数月開催) 熊 本    全4回 32,000円 岡 山    全4回 32,000円 名古屋    全6回 48,000円 仙 台

〈宇城道塾〉大阪体験講習会が開催されました

「今のような世の中においても先生のお話を聞くと希望が湧いてきます。自分自身が変わることが希望であり、エネルギーだとあらためて感じさせていただきました」 (兵庫 28歳 会社員 女性) 「自分の意識、考え方を改めて変えていく必要があると、いい意味で感じさせていただきました。目の前の常識にとらわれることなく、古くからの教えというものに対してもっと大事にしていくことの重要性を学び、非常に良い時間を過ごさせていただきました」 (大阪 26歳 自営 男性) これは、去る2019年12月15日(日)に開催された、大阪体験講習会の感想です。 参加者の多くから、これまで経験したことがない体験や、自分では思いもつかなかったようなものの見方、考え方に触れる中で、「目がひらかれた」「目から鱗だった」「変化が大事だと分かった」といった感想が多く聞かれました。 AIの時代に突入し、日本ではいずれ49パーセントの人がAIに職を取って代わられるという予測が出ている中、今私たちは誰もが、何らかの不安を感じて生活しています。 そういった日々の生活の中で、「自分は大丈夫」と頭で言い聞かせてこれまで通り過ごしていくのか、あるいは、来るべき状況に対して何らかの対策、行動を「今」取るべきなのか。 講義では、先取りして気づくAの時点、指摘されて気づくBの時点、何も考えないで過し何かが起こってから気づくCの時点という、ABCの気づきの時間軸を例に、「気づく」ということの大切さ、それも理屈でなく身体が気づいていく大切さを丁寧に説いていきました。 さらに、どの国も、自国の文化を守るために様々な対応、行動をしている中で、今の日本

東京実践塾 2019年8月〜2019年12月

●沖縄 主婦 H.S 令和元年審査会も無事終わる事ができ、ほっとしたのも束の間で、頂いた級の重さに身の引き締まる思いです。立ち止まる余裕も無く、茶帯に相応しい自分になる為日夜努力の始まりでもあります。身体が悲鳴を上げる時も度々ありましたが、前だけを見て歩んで来たように思います。 宇城先生、師範、諸先輩からの厳しくも真剣な御指導の下、此処まで歩むことができたのだと思っております。 審査会と引越しが重なり忙しい最中ではありましたが、年末まで集中力を切らすことなく駆け抜けて行ければと思っています。早めの対応を心掛け動くことが我が家の常となっております。 12月実践塾での段審査の見学を通して学んだ事は、相手に入る事の難しさです。理合いと気合いについて説明して頂いて、初めて理合いという言葉がずーっと私の中で引っかかっています。消化不良です。理合いで入るとはどういう事なのかよくわかりません。事理一致を表すのではないかと漠然と想像するだけで、言葉としては知っていても何も解っておりません。型稽古を通して、日々の生活の中に感じ取っていくしかありません。事の起こりを制することにも繋がっていくのだと思っております。 自然災害がとても多くなった今の日本の舵取りはあまりにもひどいと思います。最近地震が多いのも、とても気がかりで心配です。住む人の心が浮いて劣化していることが地震を引き起こしているのではないかと思えるくらいです。そのぐらい不自然な国になってしまったからこそ、地球は調和のある自然な状態に戻そうとします。 稽古の中で全員が手を繋ぎ、一箇所が少し揺れただけでも全体に波及して大きなうねりとなる検証を

〈宇城道塾〉東京体験講習会が開催されました

「気を遣うということは人の心を動かすことであり、またそれは連鎖していくことであることを学びました。 そして自分を信じること、相手を想うことを大切にすることは日本の文化を誇りに思うことにもつながっていると実感しました。 貴重な体験をさせていただき誠にありがとうございました」 これは、去る11月30日(土)、東京・町田市文化交流センターにて開催された、宇城憲治塾長の宇城道塾 東京体験講習会に参加した16歳の女の子の感想です。 当日は、会社経営者、研究員、セラピスト、コピーライター、大学講師、舞踏家、教員、パート、主婦、学生など、小学生から79歳まで、実に様々な職業、年齢の人たちが参加、宇城道塾で行なう講義、実践の一端を体験しました。 今、政治も経済も教育現場も、非常に厳しい状況にあり、加えて度重なる地震、自然災害や汚染など、平和な時代とはいえ、様々なストレスや不安をかかえて生きる人が増えている現在、外に答えを求めたり依存したりすることでは、改善や解決に向かえない時代になってきています。 そんな時代に生きる私たちに大事なことは、まずは自らを変化へ向かわせること。すなわち、様々な常識に洗脳され身動きできず居付いてしまっている自分から抜け出し、自立することだと宇城塾長は言います。 さらに、日本の文化に受け継がれてきた所作などにあるエネルギーを再認識し、誇りを持って生きることだと。 当日は、頭や理屈ではなく、様々な検証実践する中で身体を通し、塾長が伝えるメッセージを一つひとつ体感していきました。 なかでも子供が簡単にできて、大人ができない実践検証は、普段はできているつもりでも、実はできない

  • Facebook UK実践塾 Kenji Ushiro
  • Twitter UK実践塾 Kenji Ushiro
  • Instagram UK実践塾 Kenji Ushiro

本サイトは、UK実践塾/宇城道塾が管理するウェブサイトであり、ここで紹介されている実践メソッド・プログラムはすべて宇城憲治のUK実践塾に知的財産権として帰属するものです。これらメソッドを個人の使用目的以外で、講演会や講習会といった公の場で許可なく使用することは禁止しています。

使用を希望する場合は、必ず認定指導員の派遣を当塾に要請するか、当塾を受講することで資格認定を取得するようにしてください。

また本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を一切禁じます。


ウェブサイト制作 UK実践塾事務局

Copyright© 2010 UK 実践塾 All right reserved.