ハンガリーセミナーレポート

2019年10月19-20日、宇城館長によるハンガリー空手セミナーがブダペストで開催された。ヨーロッパはこれまでドイツをベースに年に1回のセミナーが行われていたが、主催者側の強い熱意もあり、今年から2回行われることになり、今年はブダペストで開催される運びとなった。 参加者はヨーロッパはハンガリー、ドイツ、イタリア、ポーランド、スロバキア、スイスから、ヨーロッパ以外ではアメリカ、日本からの参加者があり、セミナーは主催者のフェレンツ氏の「宇城館長の武術空手を学びたい」という思いが反映されたものとなった。 参加者の半数以上が初めてだった事もあり、初日は武術空手とスポーツ空手の違いとは何かについて実践をまじえた詳しい解説があった。武術の勝負の負けは死を意味し、スポーツの勝負は判定であり、その本質が異なるという点を踏まえ、セミナーはサンチンの型を中心に始まった。 参加者の大半がフルコンタクト系の出身だったため、館長は「スポーツ空手と武術空手の違い」の実践指導に加え、「日本文化としての武道のあり方」を丁寧に指導した。その「常にやってみせる」館長の姿勢に、参加者から絶え間のない質問が挙がったが、館長は一つ一つの質問に丁寧に対応した。 2日目は初日の教えを踏まえ、「武術空手の絶対条件である気とは何か」について、 「気とはわかりやすく説明すると、時間とエネルギーであり、時間は、クロノス的時間とカイロス的時間そして、さらに宇宙時間と人間時間。エネルギーは現状から未知の世界へのジャンプを可能とするもの」 といった解説が行われ、気の必要性とその重要さが強調された。 初日の絶え間ない質問と稽古の流れを踏

第69代横綱 白鵬関の対談 『道』202号

第69代横綱 白鵬関と宇城塾長の対談と、塾長の連載「気づく、気づかせる」が掲載された季刊『道』202号が発売となりました。 ■巻頭対談 横綱 ―― 前人未到の境地、さらにその先へ 〝体談〟で語り合う、目に見えない内面の世界 42回という、大相撲史上最多の優勝記録を誇る横綱白鵬関。 入門時62キロ、175ンチだった少年は、18年後、158キロ、192センチの、まさに威風堂々とした力士となりました。 横綱となった今でも 「22歳の時に目指したのが横綱。25、26歳の頃に目指したのも横綱。 今、目指しているのも横綱なのです」 と語ります。 いかにして前人未到の記録をつくりあげたのか。 外からは見えない横綱の強さの秘密とは。 武術は理屈でなく、まずはやってみせる世界―― そこを共通点に、武術家宇城憲治氏に、横綱の目に見えない内面を引き出し、言葉にできない世界を、まさに、対談ならぬ〝体談〟を通して語り合っていただきました。 ■塾長の連載 『気づく、気づかせる』 第48回 「潜在力を引き出す呼吸法 ―― 対立から調和へ ――」 人間は本来生まれた時は調和そのもので、何とも対立構造をとっていません。 しかしながら私たちは、知らず知らずのうちに対立の構図をとるようになってしまう。 そのことを、そもそも調和とはどういう状態かを体験することで気づくことができます。 その気づかせる一つの方法としてある宇城式呼吸法について、詳しく解説しています。 詳細は、こちらです。 ⇒ [季刊『道』202号]

白鵬(第69代横綱)

第69代横綱 白 鵬 「人間にはそれぞれ器があるという話がありますが、 僕の器にはまだまだ水が入っていく。 だから先祖様、両親というもの、そういう何か目に見えないものに 自分は守られているのかなと思うようになりました」(白鵬) 42回という、大相撲史上最多の優勝記録を誇る横綱白鵬関。 入門時62キロ、175センチだった少年は、18年後、158キロ、192センチの、まさに威風堂々とした力士となりました。 横綱となった今でも 「22歳の時に目指したのが横綱。25、26歳の頃に目指したのも横綱。今、目指しているのも横綱なのです」 と語ります。 いかにして前人未到の記録をつくりあげたのか。 外からは見えない横綱の強さの秘密とは。 武術は理屈でなく、まずはやってみせる世界―― そこを共通点に、武術家宇城憲治氏に、横綱の目に見えない内面を引き出し、言葉にできない世界を、まさに、対談ならぬ〝体談〟を通して語り合っていただきました。 道202号の詳細はこちら 白鵬 翔(はくほう しょう) 第69代横綱 日本国籍 1985年3月11日、五人兄弟の末っ子としてモンゴルウランバートル市に生まれる。姓はムンフバト、名はダヴァジャガル。父・ジグジドウ・ムンフバト氏はモンゴルでは有名なモンゴル相撲の力士で、年1回のモンゴル相撲大会で6回優勝をした国民的英雄だ。 1964年の東京オリンピックではレスリング選手として出場し、1968年のメキシコ五輪ではレスリングで銀メダルを獲得し、モンゴル初の五輪メダリストとなった。 白鵬関はそんな父を目指して12歳の頃レスリングを始めるが、父に「まだ早い」と反対され、以後、

2019年度 創心館実践塾三重合宿 レポート

2019年9月28日・29日、第12回三重実践塾合宿が行われた。宇城憲治塾長をはじめ、榎本麻子師範、宇城拓治師範、各支部からの塾生も参加した。  少人数であることに加え、両師範が参加したこともあり、深さを追及した濃密な合宿となった。  二日目に少年部の審査会が行われた。審査後には少年部の父兄を交えて実践講習が行われた。宇城塾長の講義を受け実際に「気」を初めて体験した父兄等は、非常に驚きまた感動した様子であった。 感想文 ●T.Y. 合宿での貴重な御指導及び審査会を賜り心よりお礼を申し上げます。  両師範への御指導をされ、同じように我々にも触れさせていただき、質の高い稽古を目の当たりにしました。また目で見て、耳で聞いて覚えようとすることが抜けきれないと自覚しました。目で見た事、耳で聞いた事を自分の身体で表現しようとしましたが外側の姿勢も真似出来ず、先生に修整されても中々出来ない、意識で外側を直そうとしていました。内側の作用も全然出来ていなかったと思い知りました。 ●N.I. 今回の三重合宿に参加させて頂き、ありがとうございました。  稽古の中では、型を通してゆっくり丁寧にと指導して頂き、自分がいかに教えて頂く通りに動く事ができないか、雑な動作をしているかを知る事が出来ました。  また、懇親会では宇城先生がこれまでやってきた事や、どういう思いで稽古をしてきたのかをお話の中で教えて頂き、自分がどれだけ甘い考えで稽古しているかを痛感致しました。  二日間を通して本物に触れられる事、指導して頂ける事がとてもありがたく、貴重な時間を過ごす事ができました。(O.I) この度の三重

  • Facebook UK実践塾 Kenji Ushiro
  • Twitter UK実践塾 Kenji Ushiro
  • Instagram UK実践塾 Kenji Ushiro

本サイトは、UK実践塾/宇城道塾が管理するウェブサイトであり、ここで紹介されている実践メソッド・プログラムはすべて宇城憲治のUK実践塾に知的財産権として帰属するものです。これらメソッドを個人の使用目的以外で、講演会や講習会といった公の場で許可なく使用することは禁止しています。

使用を希望する場合は、必ず認定指導員の派遣を当塾に要請するか、当塾を受講することで資格認定を取得するようにしてください。

また本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を一切禁じます。


ウェブサイト制作 UK実践塾事務局

Copyright© 2010 UK 実践塾 All right reserved.