宇城道塾 2019年度 春季合同合宿が開催されました

去る2019年3月16日(土)、17日(日)、宇城道塾春季合同合宿が静岡県修善寺で行なわれました。 年2回、全国の塾生が一堂に会する合同合宿。 今回は、東京、大阪、仙台、熊本、岡山、名古屋の各クラスより60名が参加。宇城塾長と寝食をともにし、2日間にわたる講義実践を受講しました。 講義実践で塾長がつくられる雰囲気は、食事、懇親会、さらには移動時間まで途切れることがありません。その学びの雰囲気の中では塾生同士の懇親も学びのひとつとなり、年齢、性別、職業、出身地など一切関係なく、一気に心を開き交流できるのが、道塾合宿の醍醐味です。 先の見えない不安定な社会情勢の中、それに巻き込まれずに生きるために、心の強さ、身体の強さをどのようにつくるか。 合宿では、一貫してこのことが説かれていきました。 塾長は、実践(後述)で示しながら、次のように語ります。 「愛とは“信頼”の二文字なんです。  これをどんどんひろげていくと、強くなる。 信頼できないと、弱い。 相手に身をまかせられるということが、  自分に自信があるということであり、  相手を信頼しているということ」 相手と調和し、周りに溶け込む。 壁をつくらず、自分を開く。 講義と実践で、二日間途切れることなく体中に気を巡らせた塾生たちは、それぞれ戻っていく日常の中で、また大きな変化を感じることと思います。 心のスピードが身体を強くする 足をがっちりと押さえられ動けないが、 「お先にどうぞ」で・・・ ▼ 前に進むことができる 調和によって伝播する力 気で通してもらい、一番端の人の腕を引くと・・・ ▼ 一気に一列が引き倒される ▼

宇城道塾 2019年度 春季合同合宿が開催されました

去る2019年3月16日(土)、17日(日)、宇城道塾春季合同合宿が静岡県修善寺で行なわれました。 年2回、全国の塾生が一堂に会する合同合宿。 今回は、東京、大阪、仙台、熊本、岡山、名古屋の各クラスより60名が参加。宇城塾長と寝食をともにし、2日間にわたる講義実践を受講しました。 講義実践で塾長がつくられる雰囲気は、食事、懇親会、さらには移動時間まで途切れることがありません。その学びの雰囲気の中では塾生同士の懇親も学びのひとつとなり、年齢、性別、職業、出身地など一切関係なく、一気に心を開き交流できるのが、道塾合宿の醍醐味です。 先の見えない不安定な社会情勢の中、それに巻き込まれずに生きるために、心の強さ、身体の強さをどのようにつくるか。 合宿では、一貫してこのことが説かれていきました。 塾長は、実践(後述)で示しながら、次のように語ります。 「愛とは“信頼”の二文字なんです。  これをどんどんひろげていくと、強くなる。 信頼できないと、弱い。 相手に身をまかせられるということが、  自分に自信があるということであり、  相手を信頼しているということ」 相手と調和し、周りに溶け込む。 壁をつくらず、自分を開く。 講義と実践で、二日間途切れることなく体中に気を巡らせた塾生たちは、それぞれ戻っていく日常の中で、また大きな変化を感じることと思います。 心のスピードが身体を強くする 足をがっちりと押さえられ動けないが、 「お先にどうぞ」で・・・ ▼ 前に進むことができる 調和によって伝播する力 気で通してもらい、一番端の人の腕を引くと・・・ ▼ 一気に一列が引き倒される ▼ 気のエネル

第5回大分実践塾稽古会レポート

平成30年3月2日(土)大分県日出町の川崎体育館にて、塾長による第5回大分実践塾稽古会が開催された。 前年度同様に審査会と稽古会の2部構成で実施され、塾長の審査が受けられる待望の日である。 一年間の稽古の集大成であり、新たな学びを得て新たな一年を迎える姿勢を養う日でもあるこの日に、受審者は勿論、全ての塾生の胸は歓喜に震えていた。 期待に高鳴る鼓動を押さえながら、基本稽古を行ない、塾長の登場を待った。 塾長が登場した刹那、張りつめた空気が柔らかく温かなオーラに包まれた様に変化した。 塾長より冒頭挨拶と審査についての説明が行われ、いよいよ審査が開始された。 緊張が走る空気の中、会場が静まり返る。 受審者は塾長直々の審査を受けられる誉れを経験する。またその緊張感と同じく高鳴る期待と不安を胸に、受審者は自分自身が日夜稽古とどのように向き合ってきたかを確認するが如く精一杯に修業の成果を発揮した。特に今回は、大分では初めての応用組手が行われることで、会場は一層熱気を帯びる。審査を見守る全ての塾生も会場の張りつめた緊張感とともに、声は出さずとも心から受審者を応援していた。 講評と発表では順次昇級者が発表され、三名の塾生が昇段し黒帯を頂戴する事となり、歓喜とともに大きな拍手が会場を温かく包む。 審査会終了後は稽古会が始まる。塾長の動きとともに、子どもも大人も意識が高まりながら全体の心が一致し、ひとつになっていく。 先ずは支部長の号令のもと基本、天の型、地の型、三本移動、型を全員で行い塾長自ら全体を細かく指導して頂く。 分解組手では腕受け逆突き、腕受け蹴りの攻防一致について細やかに指導を頂き、受

第5回大分実践塾稽古会レポート

平成30年3月2日(土)大分県日出町の川崎体育館にて、塾長による第5回大分実践塾稽古会・審査会が開催された。 本年最初の稽古会であり、また一年間の稽古の集大成である審査会も同時に開催され、受審者は勿論、全ての塾生が緊張している様子であった。 塾長より審査に向けての心構えの挨拶があり、審査が始まった。 審査について説明する塾長 受審者は自分自身が日夜稽古とどのように向き合ってきたかを確認するが如く、精一杯に稽古の成果を発揮した。今回は大分実践塾では初めての応用組手が行われ、審査を見守る全ての塾生が、会場の張りつめた緊張感とともに、声は出さずとも心から受審者を応援していた。 緊張しつつも審査に真剣に臨む塾生 審査後結果が発表され、今回は三名の塾生が昇段し黒帯を締めることとなった。 審査会終了後、稽古会が始まった。塾長の動きとともに、子どもも大人も意識が高まりながら全体の心が一致し、ひとつになっていった。 先ずは支部長の号令のもと基本、天の型、地の型、三本移動、型を全員で行なった。 審査終了後、第5回大分実践塾稽古会が開始された 分解組手では腕受け逆突き、腕受け蹴りの攻防一致について塾長より、細かく丁寧な指導を受けた。 正しい型でしっかりと受けることで、相手を崩せることを学んだ。 大人が数人組んで列を作り、腕受け蹴りを行なった後に子供がその列を押す。正しい型で行うと、大人数人で作られた列がいとも簡単に押され崩れた。 スポーツ的な気合での発声や、押忍と掛け声を入れた後では全く列は動かない。 子どもの自然な身体の動きから大人は学び、塾長の指導に全員の意識が高まる。 塾長の指導により、子供

宇城憲治先生の古希をお祝いする会

2019年2月24日(日)、ザ・プリンス パークタワー東京 コンベンションホールにて「宇城憲治先生の古希をお祝いする会」が盛大に催されました。榎本麻子師範、宇城拓治師範もご列席される中、国内及び海外支部の塾生が一堂に会しました。 また、来賓といたしまして、下記の方々にご列席を賜りました。 木暮浩明様(伊藤忠商事株式会社理事) 小久保裕紀様(元野球日本代表監督) 大久保秀夫様(株式会社フォーバル代表取締役会長) 野中ともよ様(NPO法人ガイア・イニシアティブ代表理事) 増川いづみ様(電子工学博士) 三遊亭歌之介様(落語家) 金澤泰子先生、金澤翔子先生(書家) 坂本スミ子先生(歌手・女優) 総勢315名によるお祝いの会は、宇城塾長の居合・空手・気の実演で開演し、宇城塾長の古希を祝福する暖かな雰囲気に満ち溢れる会となりました。 「 ザ・プリンス パークタワー東京 」 コンベンションホール 宇城塾長による古希実演会「空手・居合・気の実演」 宇城塾長による演武は真剣での青竹の試し切りに始まり、剣を使った「後の先」の演武、メリケンサックを持った相手を瞬時に倒す自由組手など、数々の技が次々に披露されました。気の実演では来賓の小久保裕紀様、三遊亭歌之介様にも加わっていただき、5名の男性と宇城塾長との腕相撲が行なわれました。 青竹の試し切り 自由組手を披露 手を組まず、気による腕相撲を披露する塾長 遠隔による気を実証する 横から倒れるのを支えても、支えきれず崩れてしまう 「お祝いの会」の開幕 司会者の案内にて、宇城塾長ご夫妻が入場されました。塾生一同が拍手で迎え「古稀をお祝いする会」が開幕しまし

宇城憲治先生の古稀をお祝いする会

2019年2月24日(日)、ザ・プリンス パークタワー東京 コンベンションホールにて「宇城憲治先生の古稀をお祝いする会」が盛大に催されました。榎本麻子師範、宇城拓治師範もご列席される中、国内及び海外支部の塾生が一堂に会しました。 また、来賓といたしまして、下記の方々にご列席を賜りました。 木暮浩明様(伊藤忠商事株式会社理事) 小久保裕紀様(元野球日本代表監督) 大久保秀夫様(株式会社フォーバル代表取締役会長) 野中ともよ様(NPO法人ガイア・イニシアティブ代表理事) 増川いづみ様(電子工学博士) 三遊亭歌之介様(落語家) 金澤泰子先生、金澤翔子先生(書家) 坂本スミ子先生(歌手・女優) 総勢315名によるお祝いの会は、宇城塾長の居合・空手・気の実演で開演し、宇城塾長の古稀を祝福する暖かな雰囲気に満ち溢れる会となりました。 宇城塾長による古稀実演会「空手・居合・気の実演」 宇城塾長による演武は真剣での青竹の試し切りに始まり、剣を使った「後の先」の演武、メリケンサックを持った相手を瞬時に倒す自由組手など、数々の技が次々に披露されました。気の実演では来賓の小久保裕紀様、三遊亭歌之介様にも加わっていただき、5名の男性と宇城塾長との腕相撲が行なわれました。 青竹の試し切り 「お祝いの会」の開幕 司会者の案内にて、宇城塾長ご夫妻が入場されました。塾生一同が拍手で迎え「古稀をお祝いする会」が開幕しました。宇城先生のプロフィールが動画を交えて紹介されました。 来賓のご祝辞 伊藤忠商事株式会社理事の木暮浩明様、元野球日本代表監督の小久保裕紀様、株式会社フォーバル代表取締役会長の大久保秀夫様のご三

  • Facebook UK実践塾 Kenji Ushiro
  • Twitter UK実践塾 Kenji Ushiro
  • Instagram UK実践塾 Kenji Ushiro

本サイトは、UK実践塾/宇城道塾が管理するウェブサイトであり、ここで紹介されている実践メソッド・プログラムはすべて宇城憲治のUK実践塾に知的財産権として帰属するものです。これらメソッドを個人の使用目的以外で、講演会や講習会といった公の場で許可なく使用することは禁止しています。

使用を希望する場合は、必ず認定指導員の派遣を当塾に要請するか、当塾を受講することで資格認定を取得するようにしてください。

また本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を一切禁じます。


ウェブサイト制作 UK実践塾事務局

Copyright© 2010 UK 実践塾 All right reserved.