人間の潜在力

人間の潜在力 がっちり組まれたスクラムを倒す。 子どもができて大人ができない……なぜ? 著者 宇城憲治 定価 本体1,000円+税 ISBN 978-4-904464-96-0 判型/分 A5判並製 88頁 日英対訳 発売日 2019年1月29日発売 「持って生まれた潜在力を、いかにして発揮するか」 誰もが追い求める課題に「実践・実証」をもって提言する、「宇城理論」の決定版。 『人間は生まれながらに完成形』『謙虚に生きる』『子どもにできて大人にできないこと』の3冊より、骨子となるメッセージをひとつにしてパワーアップ。世界へ向けて、日英対訳版で登場。 目 次 刊行にあたって チューリップの球根が教える真理 人間は生まれながらに完成形 科学は未知の解明を遅らせている 科学の二つの見方 宇宙の95パーセントは未知の世界 人間37兆個の細胞に宇宙からのメッセージを受け取るアンテナがある 本来の人間の姿は統一体 「気」のエネルギーを取り戻す 「気」とは時間である 「気」のエネルギーに幸せになるヒントが隠されている 子どもに流れている「気」のエネルギー 3歳の子どもが示すこと 私たちの能力が低下する要因とは 正しい答えで身体は強くなる 筋トレをすると身体は弱くなる 鍛えることの意味、強さの意味はどこにあるか 地球と私たちをつなぐのが「気」 統一体の身体が示す神秘 生かされている時間を止めずに生きる 「気」を身体にどのように取り戻すか きちんと挨拶すると身体が強くなる! 食事のマナーで強くなる! ものを丁寧に扱うと強くなる! 「正座」と「体育座り」その違いは桁違いである!

塾長の最新刊『人間の潜在力』 発売しました

宇城塾長の最新刊 『人間の潜在力 ―― がっちり組まれたスクラムを倒す。子どもができて大人ができない……なぜ?』 が発売となりました。 『人間は生まれながらに完成形』『謙虚に生きる』『子どもにできて大人にできないこと』の3冊より、骨子となるメッセージをひとつにしてパワーアップいたしました。 誰もが追い求める課題に「実践・実証」をもって提言する、「宇城理論」の決定版です。 世界を見据え、日英対訳版となっています。 人間の潜在力 がっちり組まれたスクラムを倒す。子どもができて大人ができない……なぜ? A5判並製 88頁 定価(本体1,000円+税) 内容詳細、ご注文は[こちらです]

人間の潜在力

人間の潜在力 がっちり組まれたスクラムを倒す。 子どもができて大人ができない……なぜ? 著者 宇城憲治 定価 本体1,000円+税 ISBN 978-4-904464-96-0 判型/分 A5判並製 88頁 日英対訳 発売日 2019年1月29日発売 「持って生まれた潜在力を、いかにして発揮するか」 誰もが追い求める課題に「実践・実証」をもって提言する、「宇城理論」の決定版。 『人間は生まれながらに完成形』『謙虚に生きる』『子どもにできて大人にできないこと』の3冊より、骨子となるメッセージをひとつにしてパワーアップ。世界へ向けて、日英対訳版で登場。 目 次 刊行にあたって チューリップの球根が教える真理 人間は生まれながらに完成形 科学は未知の解明を遅らせている 科学の二つの見方 宇宙の95パーセントは未知の世界 人間37兆個の細胞に宇宙からのメッセージを受け取るアンテナがある 本来の人間の姿は統一体 「気」のエネルギーを取り戻す 「気」とは時間である 「気」のエネルギーに幸せになるヒントが隠されている 子どもに流れている「気」のエネルギー 3歳の子どもが示すこと 私たちの能力が低下する要因とは 正しい答えで身体は強くなる 筋トレをすると身体は弱くなる 鍛えることの意味、強さの意味はどこにあるか 地球と私たちをつなぐのが「気」 統一体の身体が示す神秘 生かされている時間を止めずに生きる 「気」を身体にどのように取り戻すか きちんと挨拶すると身体が強くなる! 食事のマナーで強くなる! ものを丁寧に扱うと強くなる! 「正座」と「体育座

塾長の最新刊『人間の潜在力』 発売しました

宇城塾長の最新刊 『人間の潜在力 ―― がっちり組まれたスクラムを倒す。子どもができて大人ができない……なぜ?』 が発売となりました。 『人間は生まれながらに完成形』『謙虚に生きる』『子どもにできて大人にできないこと』の3冊より、骨子となるメッセージをひとつにしてパワーアップいたしました。 誰もが追い求める課題に「実践・実証」をもって提言する、「宇城理論」の決定版です。 世界を見据え、日英対訳版となっています。 ----------------------------------- 人間の潜在力 がっちり組まれたスクラムを倒す。子どもができて大人ができない……なぜ? -----------------------------------   A5判並製 88頁   定価(本体1,000円+税) 内容詳細、ご注文は[こちらです]

京都 宇城教師塾 及び 実践講演会が開催されました

去る2019年1月27日(日)、京都府立総合社会福祉会館 ハートピア京都にて、宇城憲治塾長による教師塾および実践講演会が開催されました。 イベントは午前の部と午後の部にわかれ、午前中は会場フロアーをフラットにして、教師・指導者を限定対象とした体験講習会形式で行なわれました。この教師塾は長く宇城道塾や江坂塾で学んできた塾生で教師の森島伸晃氏による呼びかけで企画されたもので、当日は関西方面の教師・指導者を中心に、遠くは長野、三重からの参加者も含め70名が参加しました。 午後は会場をシアター形式に切り替えた講演会形式。中学生47名、高校生99名、教員を含む一般の方が64名の、定員200名を超える210名が参加し、会場は熱気に包まれました。 教師塾では、まずは、教師が考える「教育」の意味、その問いかけから始まりました。そもそも教えるとは何か。単なる知識の伝達、teaching になってはいないか――。 講習会では、今の常識ではあり得ないような実践を通して、大人がものごとの真実に全く気づいていないことや、真逆に理解していることが山ほどあること、したがって今、学ぶべきは、子どもではなく、教師自身であることを理屈抜きに体験していきました。 続く午後の部の実践講演会では、参加者の半数以上が学生ということもあり、まずは理屈よりも実践ということで、様々な検証を代表の参加者に舞台に上がってもらって体験してもらいました。 午後の部で一番のテーマとされたのが、対立と調和の違いと、目に見えない心の力です。通常「力」と言う時は、筋力や気合いなどから生まれる力のことを指しますが、きちんとした挨拶からくる力や人

宇城塾長と 量子物理学者・量子活動家 アミット・ゴスワミ氏の対談  『道』199号

量子物理学者・量子活動家のアミット・ゴスワミ氏と宇城塾長の対談と、塾長の連載「気づく、気づかせる」が掲載された 季刊『道』199号が発売となりました。 ■巻頭対談 量子物理学者と気の実践者が解き明かす人間の潜在力 (バイタルエネルギー) 人生では出会うべき人に必ず出会うと言いますが、量子物理学の世界的権威であり、時空を超えた可能性領域(ワンネス)の世界を語るアミット・ゴスワミ博士と、「気」という高次元のエネルギーを自在にする宇城塾長との出会いは、まさにこのような出会いでありました。 今回の対談は双方に学ぶ弟子(医学者)によって必然的に結び付けられた格好で実現しました。 実践を交えながらの4時間に及ぶ対談は、目の前で起こるエネルギーの解き明かしにとどまらず、今の社会のあり方、人間の成長のあり方や学び方のプロセス、そして変化への導きなど多岐に及び、示唆に富む展開となりました。 ■ 塾長の連載 「気づく、気づかせる」 第45回 今回のテーマ 宇宙のエネルギーを取り込む  ―「 死に体」から「生き体」へ ― 塾長の発する目に見えない力「気」で渦状に動かされる (空手実践塾 199号より) 不安定な社会情勢のなか、ますます必要とされるのは、本質的な学びを深めること。 しかしそれが薄れてしまっている現代日本教育の現状に警鐘を鳴らし、私たち人間にはすでに本質を学び取る力が身体に備わっていることを説きます。 さらに、鳥は気流に、魚は水流に溶け込んで生きるように、人間は「気」に包まれて生きてこそ、真の力を発揮することができます。そのことを「生き体」と「死に体」の実践検証で解説していきます。

京都 宇城教師塾 及び 実践講演会が開催されました

StartFragment 去る2019年1月27日(日)、京都府立総合社会福祉会館 ハートピア京都にて、宇城憲治塾長による教師塾および実践講演会が開催されました。 イベントは午前の部と午後の部にわかれ、午前中は会場フロアーをフラットにして、教師・指導者を限定対象とした体験講習会形式で行なわれました。この教師塾は長く宇城道塾や江坂塾で学んできた塾生で教師の森島伸晃氏による呼びかけで企画されたもので、当日は関西方面の教師・指導者を中心に、遠くは長野、三重からの参加者も含め70名が参加しました。 午後は会場をシアター形式に切り替えた講演会形式。中学生47名、高校生99名、教員を含む一般の方が64名の、定員200名を超える210名が参加し、会場は熱気に包まれました。 教師塾では、まずは、教師が考える「教育」の意味、その問いかけから始まりました。そもそも教えるとは何か。単なる知識の伝達、teaching になってはいないか――。 講習会では、今の常識ではあり得ないような実践を通して、大人がものごとの真実に全く気づいていないことや、真逆に理解していることが山ほどあること、したがって今、学ぶべきは、子どもではなく、教師自身であることを理屈抜きに体験していきました。 続く午後の部の実践講演会では、参加者の半数以上が学生ということもあり、まずは理屈よりも実践ということで、様々な検証を代表の参加者に舞台に上がってもらって体験してもらいました。 午後の部で一番のテーマとされたのが、対立と調和の違いと、目に見えない心の力です。通常「力」と言う時は、筋力や気合いなどから生まれる力のことを指しますが、き

宇城塾長と 量子物理学者・量子活動家 アミット・ゴスワミ氏の対談 『道』199号

StartFragment 量子物理学者・量子活動家のアミット・ゴスワミ氏と宇城塾長の対談と、塾長の連載「気づく、気づかせる」が掲載された 季刊『道』199号が発売となりました。 ■巻頭対談 量子物理学者と気の実践者が解き明かす 人間の潜在力(バイタルエネルギー) 人生では出会うべき人に必ず出会うと言いますが、量子物理学の世界的権威であり、時空を超えた可能性領域(ワンネス)の世界を語るアミット・ゴスワミ博士と、「気」という高次元のエネルギーを自在にする宇城塾長との出会いは、まさにこのような出会いでありました。 今回の対談は双方に学ぶ弟子(医学者)によって必然的に結び付けられた格好で実現しました。 実践を交えながらの4時間に及ぶ対談は、目の前で起こるエネルギーの解き明かしにとどまらず、今の社会のあり方、人間の成長のあり方や学び方のプロセス、そして変化への導きなど多岐に及び、示唆に富む展開となりました。 ■ 塾長の連載 「気づく、気づかせる」 第45回 今回のテーマ 宇宙のエネルギーを取り込む ―「 死に体」から「生き体」へ ― 塾長の発する目に見えない力「気」で渦状に動かされる (空手実践塾 199号より) 不安定な社会情勢のなか、ますます必要とされるのは、本質的な学びを深めること。 しかしそれが薄れてしまっている現代日本教育の現状に警鐘を鳴らし、私たち人間にはすでに本質を学び取る力が身体に備わっていることを説きます。 さらに、鳥は気流に、魚は水流に溶け込んで生きるように、人間は「気」に包まれて生きてこそ、真の力を発揮することができます。そのことを「生き体」と「死に体」の実践

アミット・ゴスワミ(量子物理学者)

アミット・ゴスワミ 量子物理学者/量子活動家 これまでの科学は、 力でエネルギーを加えて変えるというニュートン的な考え方でした。 これに対し量子力学の考え方は、相手に対し力を加えるのではなく、 相手が変わるように働きかける、説得する、話し合い協力し合うことを 選択していくというものです。 人生では出会うべき人に必ず出会うと言うが、量子物理学の世界的権威であり、時空を超えた可能性領域(ワンネス)の世界を語るアミット・ゴスワミ博士と、「気」という高次元のエネルギーを自在にする宇城憲治氏との出会いは、まさにこのような出会いであり、今回の対談は双方に学ぶ弟子(医学者)によって必然的に結び付けられた格好で実現した。 実践を交えながらの4時間に及ぶ対談は、目の前で起こるエネルギーの解き明かしにとどまらず、今の社会のあり方、人間の成長のあり方や学び方のプロセス、そして変化への導きなど多岐に及び、示唆に富む展開となった。 道199号の詳細はこちら アミット・ゴスワミ 1936年、インド出身。元オレゴン大学・原子核理論物理学教授、現クォンタム・アクティビズムセンター理事長。 物質主義から意識をベースにした世界観へのパラダイムシフトを、量子物理学を使って明確に説いたパイオニア。その理論はディーパック・チョプラをはじめとする世界中のスピリチュアル・リーダーたちに影響を与えてきた。 宇宙の謎を解くために、細胞、分子、原子など次々に小さな粒子を見つけていった科学者たちは、研究が進むにつれて、原子よりも小さな世界に入っていき、それまでの物理学の法則では説明のつかない動きをする量子を発見。この量子物理学が出

アミット・ゴスワミ(量子物理学者)

アミット・ゴスワミ 量子物理学者/量子活動家 これまでの科学は、 力でエネルギーを加えて変えるというニュートン的な考え方でした。 これに対し量子力学の考え方は、相手に対し力を加えるのではなく、 相手が変わるように働きかける、説得する、話し合い協力し合うことを 選択していくというものです。 人生では出会うべき人に必ず出会うと言うが、量子物理学の世界的権威であり、時空を超えた可能性領域(ワンネス)の世界を語るアミット・ゴスワミ博士と、「気」という高次元のエネルギーを自在にする宇城憲治氏との出会いは、まさにこのような出会いであり、今回の対談は双方に学ぶ弟子(医学者)によって必然的に結び付けられた格好で実現した。 実践を交えながらの4時間に及ぶ対談は、目の前で起こるエネルギーの解き明かしにとどまらず、今の社会のあり方、人間の成長のあり方や学び方のプロセス、そして変化への導きなど多岐に及び、示唆に富む展開となった。 道199号の詳細はこちら アミット・ゴスワミ 1936年、インド出身。元オレゴン大学・原子核理論物理学教授、現クォンタム・アクティビズムセンター理事長。 物質主義から意識をベースにした世界観へのパラダイムシフトを、量子物理学を使って明確に説いたパイオニア。その理論はディーパック・チョプラをはじめとする世界中のスピリチュアル・リーダーたちに影響を与えてきた。 宇宙の謎を解くために、細胞、分子、原子など次々に小さな粒子を見つけていった科学者たちは、研究が進むにつれて、原子よりも小さな世界に入っていき、それまでの物理学の法則では説明のつかない動きをする量子を発見。この量子

2019年 宇城道塾が始まりました

去る2019年1月8日(火)の大阪道塾Aクラスより、本年の道塾講義がスタートしました。 先の見えづらい現代社会において、いかに持って生まれた「潜在力」を発揮し、生きる力にしていくかを、身体検証、実践事例を交えながら学んでいきます。 あり得ないようなことが実際に可能になる体験、信じがたい事象の目撃を通して、一時の驚きにと どまらず、そこから何に気づき学び取っていくかは、塾生にとって一貫したテーマであり、受講を重ねるなかで深まっていきます。 それは、与えられる「知識」の学びではなく、自らに問いかけ、実践・行動することで得られる学びであり、そのことでおとずれるステップアップは、大きな自信となります。 そしてもう一つの道塾の大きな特長として、「塾長 宇城憲治の生き方に学ぶ」ということがあります。 空手、居合、仕事と、すべてにおいて一切の妥協なく取り組んできた塾長の生きざま、そして「今」は、塾生の人生の指針となります。 塾生の受講感想文には、そのことがよく表われています。 一部抜粋、ご紹介いたします。 ・・・・「二極化が一気に進んで行く。今すぐ踏み出して変わらなければならない」とお話にありました。宇城先生の圧倒的な歩みに比べれば小さな一歩でも、自分で自分に対して「変化した」と嘘偽りなく言えるような、勇気を振るう一歩を、日々刻んでいかなければならないと感じました。  一年の始めの気分新たまる時期に、このような清新な気づきの数々をいただけたことに感謝しております。 (28歳 男性) ・・・・相手に対して、きちんと礼をしてから相手の前に立った場合、対立が消えました。自らが歪ましている空間には

  • Facebook UK実践塾 Kenji Ushiro
  • Twitter UK実践塾 Kenji Ushiro
  • Instagram UK実践塾 Kenji Ushiro

本サイトは、UK実践塾/宇城道塾が管理するウェブサイトであり、ここで紹介されている実践メソッド・プログラムはすべて宇城憲治のUK実践塾に知的財産権として帰属するものです。これらメソッドを個人の使用目的以外で、講演会や講習会といった公の場で許可なく使用することは禁止しています。

使用を希望する場合は、必ず認定指導員の派遣を当塾に要請するか、当塾を受講することで資格認定を取得するようにしてください。

また本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を一切禁じます。


ウェブサイト制作 UK実践塾事務局

Copyright© 2010 UK 実践塾 All right reserved.