広島東洋カープ 3連覇おめでとうございます

2018年9月26日夜、広島東洋カープがリーグ優勝を果たしました。 本拠地広島のマツダスタジアムは、待ちに待った勝利に湧きました。 緒方孝市監督は、2001年から宇城塾長の実践指導を受け、師とあおいでこられました。 季刊『道』191号(2017冬)では、宇城塾長と緒方監督の対談が掲載され、2年前の2016年、25年ぶりのリーグ優勝を果たした緒方監督の所感が語られています。 塾長の指導で 「残心」を体感する緒方監督(『道』191号より) 「勝とうが負けようが関係なく、今日一日、自分の野球ができたな、と。  できなかったら『なぜできなかったのか』と、それを 一日一日積み重ねていったのです。 そうしたら選手がグラウンドで結果を出してくれたのです。」 緒方孝市(『道』191号 宇城憲治巻頭対談より) 日本シリーズでの健闘を祈ります。 『道』191号 #季刊道 #緒方孝市

2018 Seattle Seminar Report

Ushiro Sensei's 9th Seattle seminar was held on the weekend of September 8-9th. Participants with different backgrounds (Karate, Aikido) gathered from various places (US, Canada, Germany, Japan) to attend. There were more than 10 new first time attendees. "Our cells have different functions and together form the human body. You are all different. Kata will help you to integrate everything", "Some of you can only see me once or twice per year. I would like to provide you with something you can take back and study until the next seminar". The seminar kicked off with these openings of Ushiro Sensei. Sanchin kata was the main focus for the entire 2 days with paradigm shift as its theme. Ushiro S

宇城塾長 京都実践講演会のお知らせ

毎年恒例となった、主に教員、指導者、そして学生が多く参加する、宇城塾長による実践講演会です。 参加者がステージに上がり、人間が本来の力を発揮したら、どう変化するのか、その能力の発揮の基本となる統一体とはどういうものか、具体例を実際に行ない、体験しながら進められます。 私たち一人ひとりが生まれながらに持つ力に気づき、開花させることができれば、家庭も仕事も、様々な人間関係や子育てにおいても、状況が一変していきます。 まずは大人が、教師が、指導者が、気づき変わること! 教育や子育ての現場で、行きづまりを感じている人にとり、本セミナーは、大きな転機となることでしょう。 2019年1月27日(日)、京都市「ハートピア京都」にて。 詳しくはこちらをご覧ください。 [宇城道塾 宇城憲治 〈京都〉実践講演会] #宇城道塾 #講演会

第9回シアトルセミナー レポート

2018年9月8ー9日の週末にかけて宇城塾長による第9回シアトルセミナーが開催された。空手や合気道経験者を中心に、多数の初めての参加者を含め、アメリカ、カナダ、ドイツ、そして日本から様々な職業の人々が集まった。 「人間の細胞は一つ一つその機能が異なる、それがまとまる事で人間の身体は出来上がっている。皆さんも一人一人違っていて当たり前。型はそれをまとめてくれる」、「年に1回、あるいは2回しか接する事が出来ない人たちのために、皆が持ち帰って次回まで研究出来るものを提供する」、と言う塾長の言葉と共にセミナーは幕を開けた。 セミナーは2日間、サンチンを中心に行われた。テーマはパラダイムシフト。塾長はスポーツ空手と武術空手の違いを三輪車と二輪車の喩えを使って説明した。すなわち三輪車はどれだけ練習しても次のステップが無いのに対し、自転車は乗り方を身につければ、そこで不可逆なパラダイムシフトが起き、そこから片手運転、両手離しなど自由に展開出来るというもの。型は身につける自転車のようなものであると言う点と共に、スポーツが年齢によってピークがあるのに対し、武術は死ぬまで修行であると言うメッセージも2日間に渡って幾度も強調した。 サンチンの指導を行う塾長 全体でのサンチン ​​ ​武術の組手を指導する塾長 塾長の指導は型と分解、そして型に至る基本と、この3点を中心に展開。その中でも参加者に大きな印象を残したのが初日に母親と参加した14才の少年だった。4才から空手をやってきていた彼は最初の方こそ、一瞬頭で考えるクセがあったものの、塾長が何度も指導を重ねる中、スクラムを組んだ大人数の大人を触れて動かせ

宇城道塾 2018年度 秋季合同合宿が開催されました

去る2018年9月1日(土)、2日(日)、宇城道塾秋季合同合宿が静岡県修善寺で行なわれました。 道塾の合同合宿は、年2回、全国の塾生が一堂に会して行なわれる合宿です。 秋季合宿には、東京、大阪、仙台、熊本、名古屋の各クラスより94名が参加。宇城塾長と寝食をともにする2日間にわたる講義実践を体験しました。 合宿では、統一体であることが人間にとっていかに大事であるかを、様々な検証を以て繰り返し、実践で体験していきました。 呼吸が通り心が伴い、統一体となることで、掴まれたり極められたりしても自由自在に動くことができる。しかし、「やろう」としたり、心が伴わなかったり、意識を固めて孤立したりすることで、身体は持てる力をまったく発揮できなくなる。―― これとまったく同じことが、日常の何気ないふるまいで起きています。 ますます混迷を深める不安定な時代を生き抜くには統一体であることが必要です。 統一体であるためには、日常から所作ふるまい、心のあり方を改めるとともに、今の常識を大転換させること、すなわちパラダイムシフトを迫られていることを、塾生は実践検証によって身体で感じていきました。 身体の強さ・重さが、座り方によって変わることを検証 体育座りをすると・・・・ ▼ 持ち上げられてしまう 正座をすると・・・・ ▼ しっかりと立つことができ、持ち上げられれない 「感謝の型」として指導された統一体をつくる基本、呼吸法 呼吸法を行なって、一列を押す ▼ 身体の呼吸が通っていると一列と衝突することなく、軽々と動かすことができる 統一体をつくる宇城サンチン 正しく練られた サンチンが発揮する調和力を示

  • Facebook UK実践塾 Kenji Ushiro
  • Twitter UK実践塾 Kenji Ushiro
  • Instagram UK実践塾 Kenji Ushiro

本サイトは、UK実践塾/宇城道塾が管理するウェブサイトであり、ここで紹介されている実践メソッド・プログラムはすべて宇城憲治のUK実践塾に知的財産権として帰属するものです。これらメソッドを個人の使用目的以外で、講演会や講習会といった公の場で許可なく使用することは禁止しています。

使用を希望する場合は、必ず認定指導員の派遣を当塾に要請するか、当塾を受講することで資格認定を取得するようにしてください。

また本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を一切禁じます。


ウェブサイト制作 UK実践塾事務局

Copyright© 2010 UK 実践塾 All right reserved.